正法眼蔵アーカイブ2

jbls9500.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 24日

電源工事の施工

すでに施工済みの対策ですが、紹介いたします。
前の電源工事の記事で送り開閉器を使ってオーディオルームに直接電気を供給する 
余計な接点や抵抗をなくし、ピュアなものを送るという考えで施工しました。


f0247196_9472536.jpg









































配線

CV22スクエアの線を一本ずつにして、各ケーブルに被服したのがCVT22スクエアです。
ですので、おのずと太くなります。
当時はデジタルとアナログの線を別々にしてほしいなどと無理をいいましたので
こんなに太いケーブルとなりました。


f0247196_9474495.jpg
オーディオルームに送り込む
f0247196_9481570.jpg
送り開閉器

当時電気工事店は一体何の目的でこんなことをするのか疑問に思っていたそうです。
勿論他の方にもやり方を紹介した際に、なんだかんだ質問がありました。
やはり“どうしてこんなことをするのか…”という疑問のもとにあったのでしょうね。
電気屋の考えとオーディオをやる人間の考えはかなり隔たりがあるみたいです。

いままで、普通に壁にあるコンセントにつないでいましたが、
少し手を加えてこれにつなぐようにしたいと思います。
機器が増えたので、タップが必要です。
次は私なりのタップをご紹介したいと思います。

[PR]

by jbls9500 | 2013-02-24 09:49 | オーディオ


<< 買っちゃった♪      電源工事 >>