正法眼蔵アーカイブ2

jbls9500.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 26日

SEED流D130料理法

皆様の色々なご意見をいただき、D130の箱をどうしようか悩んでおりました。

そこで最後の実験です。

まずはバッフルですが、こんな感じにしてみました。コンパクトですね♪


f0247196_12483757.jpg






























表からみた感じ


この大きさ 素材はダンボール5㎜厚1枚です…普通なら固定すらできません。


裏はこんな感じです。


f0247196_1250761.jpg


































裏からみた感じ

ユニットは自立台に固定しています。

f0247196_12511040.jpg



















ユニットの固定

このSEED流のD130の料理法は以下の思想で実験いたします。
①ユニットを自立台に乗せる事により、バッフルへの余計な振動の伝達を防ぐ
②バッフルは、表からの回り込みを避ける役割のみに徹する
③ユニットを自立台に固定することにより、より振動を台に直接伝えることにする。
④ジェット化により、より省スペースで低音が出るようにする。




普通は音にならないペラペラダンボール一枚での小さい平面バッフルでの試聴で
どのように箱を設計するか考えてみたいと思います。
試聴は次回に…

[PR]

by jbls9500 | 2013-02-26 12:57 | オーディオ


<< D130試聴♪      D130裸の音試聴♪ >>