正法眼蔵アーカイブ2

jbls9500.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 06日

SV-91BⅡソフトによる再生能力を知る-2

さて、今度はクラッシックソフトを再生してみましょう♪

私の定番のソフトといったらこれでしょうね♪
f0247196_894788.jpg

ベルリオーズ幻想交響曲 アバド指揮CSO

古い録音ですが、数あるクラッシックソフトの中で私的に5本の指に入る
名録音 名演奏です。

私のクラッシックソフトの録音の評価ですが、直接音と間接音が
バランスよく入っているものです。

これがバランスよく入っていると、再生システム 状態により
音がコロコロ変わります。

さて、このソフトでどう再生されるか楽しみです♪

☆試聴
V-91B
Ⅱで再生すると、直接音が多くでるような〝錯覚〟が
まず耳に入ってきます。ただ、良く聴くと間接音もよく出ています。
トランジスタの高出力アンプのように限りなく奥にでるような
感覚ではないですね。ただ、このソフトはCSOの絶妙で
精密なアンサンブルによって再生の際には機械的に聴こえるのですが
91Bでは弦が弦という感じで聴こえます。

このソフトでヴァイオリン再生を感じさせる音は初めてです♪

f0247196_895715.jpg


この再生音はグッときますね クラッシックもなかなかです。
ただ、少しスリムにしたいですね まだまだ追い込みが必要だと
いうことですね♪

[PR]

by jbls9500 | 2014-08-06 08:09 | オーディオ


<< SV-91BⅡソフトによる再生...      SV-91BⅡソフトによる再生... >>