正法眼蔵アーカイブ2

jbls9500.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 06日

SV-91BⅡ試聴中間報告♪

mpx様からSV-91BⅡとは一体どんな音がするのかと
いうご質問がありましたので、中間報告になりますが、私なりの
感想をつらつらと書かせていただきます。
f0247196_8182669.jpg

オーディオ的な評価としては、音が少し太くでる傾向があります。
ベイマのユニットも案外図太くでる方向なので、少し太い
もう少しスリムでクールな方向にいってもいいんじゃないかと
思えます。そのあたりの調整が必要です。
情報量に関しては、現時点ではあまり多くなく、デジタルアンプには
大きく水をあけ、SV-17Kより不足かなぁ~という事も感じることも
あるような無いような…微妙な感じです。

レンジも極端に広いと感じるものではないですね~。

しかし、これを音楽再生という局面からみると大きく評価が
かわります。非常にいいんですよね~
クラッシック再生では、オーケストラが何をいいたいのか、
演奏者が何を伝えたいのか
ジャズなどで、どれだけの〝ノリ〟で演奏しているのか

すぐにわかります というかそこにスポットライトが当たって
再生してくれるのです。
今までのオーディオの体験から考えると非常に不思議な現象が
起こっていることは事実です。

情報量があまり上がらなくても、格段に演奏者の息遣いが
わかる…そこがクローズアップされる

まったく凄いことですね~

こんな感じでわかりましたでしょうか???

[PR]

by jbls9500 | 2014-08-06 08:18 | オーディオ


<< MMカートリッジでジャズのコク...      SV-91BⅡソフトによる再生... >>