正法眼蔵アーカイブ2

jbls9500.exblog.jp
ブログトップ

2013年 02月 16日 ( 3 )


2013年 02月 16日

衝動買い♪

Coffee Windsさんに刺激されて、何気にオークションにポチっと入札♪
なぜか落ちちゃいました。直感でいったのが良かったのかも♪♪♪


f0247196_1124353.jpg
これくらいのものです。

f0247196_11252240.jpg
本体はコンナ感じ

f0247196_11261883.jpg
説明書ですね♪

f0247196_11272576.jpg
真空管です。

春日無線変圧器 6BM8シングルアンプ
完成品定価44,800円の代物 キットを組み立てたものです。
オークションでは気がつきませんでしたが、ボディは
モスグリーンのハンマートーン♪♪♪
グリーンフリークの私としては、思ってもなかったプレゼントでした♪
しかし、オークションは怖い…これは完成品で4.5万円ですが、
1.5万円で落ちました。
同時期エレキットの6BM8のシングルアンプは定価1.98万円ですが、
オークション落札金額は2.8万円
異常な高値でした。人気があるのかぁ~と思っていましたが、
どう考えてもこちらの方が状態
レイアウトからみても音が良さそう。

さあ、どうなるかですね...

[PR]

by jbls9500 | 2013-02-16 11:24 | オーディオ
2013年 02月 16日

真空管アンプに思うこと…

真空管アンプ...昔から憧れの存在でした。
素晴らしい体験を真空管アンプから受けています。

ジャズ喫茶タカノ マッキントッシュMC240
音楽喫茶バロック 自作211シングルアンプ
伊藤喜多男先生自作アンプ

今でも耳に残る音は、真空管アンプが絡んでいます。
昔の記憶ばかりでは判断できないので、最近のアンプを試聴することにしました。

☆ サンオーディオ 東急ハンズ広島店 試聴室にいく...

DIYショップでありながら、こんないいスピーカーがおいてありました。


f0247196_1141528.jpg


タンノイの高級スピーカー

狭い試聴部屋ですが、スピーカー一本で勝負する なかなかいい感じです。
アンプですが、まずはこれ。
f0247196_115065.jpg

目玉の300Bシングルアンプ 部品にもこだわったスペシャルバージョン

f0247196_116124.jpg

EL34シングルアンプ これも楽しみです。

f0247196_1164276.jpg

2A3シングルアンプ 見た目は一番かなぁ♪

定員さんに無理をいって、全部聴かせていただきました 
定員さんおおきにm(_ _)m

結果的にいいますと
①2A3シングルアンプ 
②EL34シングルアンプ
③300Bシングルアンプ
という順位でした。①と③では2倍以上の価格差 部品もかなり高級品を使っている パワーも
4倍ということだったのですが、なぜかこのような結果に
このことから真空管アンプでの自分の答えは…

“シンプルな回路”なアンプが好きなようです。
300Bは味があったのですが、2A3の清らかさに負けたといった印象です。
勿論300Bが悪いわけでもサンオーディオさんが悪いわけではないです、好みですね。

これで自分が好きな真空管アンプの傾向が少しみえてきました♪

[PR]

by jbls9500 | 2013-02-16 11:05 | オーディオ訪問記
2013年 02月 16日

伊藤 喜多男先生の思い出

f0247196_10562434.jpg
f0247196_10552093.jpg

ウエスターンエレクトロニック シーメンスを愛用されてらっしゃる方は
知らなければもぐりといわれる(???)ほど凄い人 
伊藤喜多男先生 まったく縁遠いと思われる方に
幸運にも接する機会があったたのは中学校のころでした。
当時“サウンドボーイ”というオーディオ雑誌があり、
毎回欠かさず購入して読んでいました。当時はステレオサウンドが
全盛でしたが、クラフト色がつよい雑誌で、
当時はかなり個性的なものでした。
その中で登場したのが伊藤先生 
記事は歯に衣着せぬ記事 ウエスターンやシーメンスと
当時まったく聞いたことないスピーカーの話題が
満載 夢中になりました。
そんな中で伊藤先生が作成したアンプとシーメンスオイロダインで
鳴らすというイベントが京都のジャズ喫茶でおこなわれるということで、
参加することにしました。(当時東京⇔京都の交通費はつらかったぁ~)

シーメンス オイロダインを2m角の平面バッフルに入れたものと
伊藤先生のアンプ かかったソフトはオペラアリア~ジャズと色々 
オペラアリアは今でも鮮明に覚えています。

オイロダインは特別レンジが広いものではなく、
細かい音が出るものではないのですが、その声のリアリティは
空前絶後でした ! ! !

とにかく色気が凄いのです! ! ! 当然オペラですので声量は
必要なのですが、その中で“色気”を聞き取れるというのは
凄いことです。
当時中学生の私とはインパクトは強すぎたかもしれませんね。

どんなアンプを持ってこられたか どんな機器を使っていたのかと
いうことはまったく覚えていません。
あっ...という間に終わってしまったイベントでした。
でも何十年たっても今でもその再生音を鮮明に覚えていると
いうことは凄いことです。

真空管アンプの憧れはここから始まったのでしょうね...

[PR]

by jbls9500 | 2013-02-16 10:56 | オーディオ