正法眼蔵アーカイブ2

jbls9500.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 02月 ( 60 )   > この月の画像一覧


2013年 02月 16日

伊藤 喜多男先生の思い出

f0247196_10562434.jpg
f0247196_10552093.jpg

ウエスターンエレクトロニック シーメンスを愛用されてらっしゃる方は
知らなければもぐりといわれる(???)ほど凄い人 
伊藤喜多男先生 まったく縁遠いと思われる方に
幸運にも接する機会があったたのは中学校のころでした。
当時“サウンドボーイ”というオーディオ雑誌があり、
毎回欠かさず購入して読んでいました。当時はステレオサウンドが
全盛でしたが、クラフト色がつよい雑誌で、
当時はかなり個性的なものでした。
その中で登場したのが伊藤先生 
記事は歯に衣着せぬ記事 ウエスターンやシーメンスと
当時まったく聞いたことないスピーカーの話題が
満載 夢中になりました。
そんな中で伊藤先生が作成したアンプとシーメンスオイロダインで
鳴らすというイベントが京都のジャズ喫茶でおこなわれるということで、
参加することにしました。(当時東京⇔京都の交通費はつらかったぁ~)

シーメンス オイロダインを2m角の平面バッフルに入れたものと
伊藤先生のアンプ かかったソフトはオペラアリア~ジャズと色々 
オペラアリアは今でも鮮明に覚えています。

オイロダインは特別レンジが広いものではなく、
細かい音が出るものではないのですが、その声のリアリティは
空前絶後でした ! ! !

とにかく色気が凄いのです! ! ! 当然オペラですので声量は
必要なのですが、その中で“色気”を聞き取れるというのは
凄いことです。
当時中学生の私とはインパクトは強すぎたかもしれませんね。

どんなアンプを持ってこられたか どんな機器を使っていたのかと
いうことはまったく覚えていません。
あっ...という間に終わってしまったイベントでした。
でも何十年たっても今でもその再生音を鮮明に覚えていると
いうことは凄いことです。

真空管アンプの憧れはここから始まったのでしょうね...

[PR]

by jbls9500 | 2013-02-16 10:56 | オーディオ
2013年 02月 15日

GOODMANS ジェット化計画-2

f0247196_20342140.jpg


みっともない写真ですが...アップさせていただきました(汗)                            

ダンボールで仮設として後側のホーンを作成しました。
ホーンの内部には何も詰め物をしていませんので、
かなりいい加減なものになってしまいました... 
さて音はどうなのか ? ? ?
                                                   
音は激変でした。音の抜けが圧倒的によくなり、
ジャズのエネルギーが体にビンビン伝わってきます。
低域のレンジも視聴上広がったように思え、
今までジャズの古いものしか聴けませんでしたが、
クラッシックの室内楽 少し新しいジャズも
聴けるようになりました。

低音の改善が高域にも大きく影響したと思われます。
こんなへな猪口な対策でこれだけ変わりますので、
この部分の対策はしっかりとやらないといけませんね。
 ホーンの効果が音を後に飛ばすのがよかったのか、
平行面をなくすことがよかったのかわかりません。
ただ今回の“直感”が成功したことは間違いないですね ! ! !

[PR]

by jbls9500 | 2013-02-15 20:34 | オーディオ
2013年 02月 15日

グッドマン+ECL82試聴-1

グッドマンツインアキシオム10に
真空管アンプECL82を加え、鳴らしこんでみました。
配置は写真のような感じです。

f0247196_8451514.jpg


メインのアンプと比較すると...
うん ちょっと弱い 軟弱といった感じ...

音の傾向は素直でちょっとしたスパイスが
効いていいのですが...

やはりアナログ出力が良くないようです。

サウンドカードみたいな薄っぺらいカードの中で
D/A変換しているのでそこが悪いのか...

メインのアンプはサウンドカードで
デジタル出力→アンプ内でアナログ変換しているので
そこが違うのではないかと思われます。

D/Aが肝になってくるようです...
一発ではうまくいかないですね 

もうちょっとがんばってみます。

[PR]

by jbls9500 | 2013-02-15 08:43 | オーディオ
2013年 02月 15日

GOODMANS ジェット化計画-1

f0247196_2531922.jpg

あなろぐふぁん様にあぶりだされ(爆) 
グッドマンの秘密の計画を暴露いたします。
名づけて“GOODMANS ジェット化計画”です(笑)

実はこのバッフルに入れたグッドマンに非常に
可能性を感じましたので、ある程度の悪条件でも
まともになるようにしたかったのです。
以前からこのようなものを作成して
みたかったのですが、やっと実験できそうです。                                                      
この対策によって、後面に出された音を遠くに
飛ばすことにより音の回避を少なくし、
仮想的にバッフルを大きくしようという考えです。
本当は理想的なホーンにしたかったのですが、
箱の形にあわせて創ることにしました。
さあ、どうなるかですね♪♪♪

[PR]

by jbls9500 | 2013-02-15 02:53 | オーディオ
2013年 02月 15日

グッドマン試聴-2

f0247196_248782.jpg

セッティングも悪いのかイマイチのグッドマン+
後面開放バッフルですが、古いジャズの再生をしてみると
素晴らしい性能を発揮することがわかりました。
写真のようなステレオ初期の古いジャズは最高です♪♪♪                                 
味がある再現 中域の根太い表現は
なかなか再生できるものではありません。                                         
実はメインシステムの国産スピーカーは
ほぼオールマイティなのですが、古いジャズだけは
うまく再生できませんでした。当然ですよね。
これは凄いです。今までの感覚ではジャズ専用の
システムを組むためには、かなり大型のシステムが
必要で、メインとサブが今のオーディオルームに
同居することは難しいと思っておりました。
この大きさで50-60年代のジャズがうまく
再現できれば、これ以上のものはありません。
とんでもない発見でしたよ♪♪♪

[PR]

by jbls9500 | 2013-02-15 02:48 | オーディオ
2013年 02月 14日

グッドマン試聴-1

視聴は数日前からほぼ毎日おこなっていますが、正直戸惑っています。これは一体...
ていう感じです。以前ボックスに入っていた状態とは明らかな違いがありますね...                                                                  

表現に困っています。

まずはソフトからせめていきたいとおもいます。
○クラッシック
これはまったく相性が悪く、特に空間再現がまったくないといってもいいですね。                                        
○ポップス
これも高域がサチってしまい、うまくなりません。                                 
○比較的新しいジャズ
う~ん いい線いっているのですか、何かピンときません。

全体的には
 以前と比べて当たり前ですが、箱なりがせず、開放的でのびのびとなります。
また、これだけ小さいバッフルでありながら周波数レンジは充分な広さを確保しています。
ただ、超カマボコ型ではあるのですが...

最初のイメージはこんな感じでしょうか...

[PR]

by jbls9500 | 2013-02-14 21:09 | オーディオ
2013年 02月 14日

ユニット装着 ! ! !

f0247196_20183240.jpg
f0247196_2018226.jpg


ユニット装着しました。
ユニットのフレームが3本 ねじ穴が4本となっているので
色々と悩みましたが、自立台も考えていますので
こんな感じになりました。
明日にはインプレしますね ! ! !

[PR]

by jbls9500 | 2013-02-14 20:18 | オーディオ
2013年 02月 14日

GOODMANS Twin Axiom 10

f0247196_12115496.jpg


オーディオの復活の第一弾として基本の基本フルレンジを選択しました。
しばらく音も聴いていないので、これがベストだと思います。
ユニットは名門グッドマンです。
グッドマンはアキシオム80 エッジレススピーカーが有名ですが、
このユニットまったく無名のものです。

“GOODMANS Twin Axiom 10”

25cm フルレンジユニット ダブルコーン 
周波数特性 40Hz~18000Hz
能率は不明ですが、多分軽く90dbは超えるでしょうね。
片方のダブルコーンの一部がかけています。
ちょっと困りましたね。
(写真はこのユニットの前のオーナーロベルトさんから拝借しましたm(_)m)

SEEDの眼から見たこのユニットの特徴は
①軽いコーン紙が軽快な音を出しそう
②ダブルコーンでこの口径ながら満足のいく高域が出そう。
③ユニットの後面の開放率が高く、ストレスのない音が出そう。
④フレームがしっかりしていて、振動のよる音楽情報の欠落が少なそう

などなどです。

さあ、どうでしょうかね...
[PR]

by jbls9500 | 2013-02-14 12:12 | オーディオ
2013年 02月 14日

ダブルコーン補修 ! ! !

f0247196_11532890.jpg


f0247196_11541169.jpg


f0247196_11545190.jpg


もう随分前に修理は終了しているのですが、ここで再度紹介いたします。
このユニットを購入した際にとても懇意にさせていただいている
Ge3のオーナーから補修の方法を教えていただきました。
用意するものは

①ストッキング
②油紙
③瞬間接着剤
④コピー用紙

ストッキングを適当な大きさに切り、瞬間接着剤をしみこませ
2枚の油紙の間に挟み、雑誌などの重しをして一晩おきます。

かけた部分の型をとるため、ダブルコーンにコピー用紙を適当にカットしたものを
裏からあて、かけた部分の大きさ 形状を映します。
貼り付けシロとして、その型の接着部分を5㎜大きく型を修正し切り取ります。

一晩おいて固まったストッキングを型通りに切って、かけたダブルコーンの部分に
あて、接着すれば完成です。

かけた状態と補修した状態の音はまったく違い、非常に高域の抜けがよくなると
同時に低音もクリアになりました。

補修の効果は大きかったと思います。

そろそろ鳴らさなくてはなりませんね。
[PR]

by jbls9500 | 2013-02-14 11:53 | オーディオ
2013年 02月 14日

オーディオ再スタート~足がかり

f0247196_8534350.jpg
f0247196_8533187.jpg
元々オーディオのブログを展開していたのに、オーディオはやらないかと


自分でも悶々としていましたが、何とかやる気になってきました。
足の骨折で精神的になえてしまってからまったく手がつけられず、
オーディオルームも物置化していましたが、ようやく足がかりがつかめそうです。

まずはこれからスタートです。
富山のオーディオスーパーマニアから譲り受けた後面開放スピーカー
黒い方はバッフルのみ ツートンは小口径のフルレンジが搭載されています。

あまりものの材料でつくったものらしいですが、そのバランス感覚には
驚きです。特に黒い方は素晴らしいの一言です。

ユニットをつけずしばらくの間リビングにおいて眺めていました。

そろそろ動き出しますね!!!
[PR]

by jbls9500 | 2013-02-14 08:58 | オーディオ