<   2013年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2013年 12月 27日

安価なユニットと高性能ユニットの差は...②

先般の記事で、振動を押さえ込むことが、車の快適な
乗り心地につながるというような内容を書きましたが、

車の場合 振動が少ない=乗り心地がいい♪
となりますが、スピーカーの場合は…

振動が少なくなる =情報の欠損が少ない
=情報量が増える

このような公式が成り立つのでは…

ユニットを眺め、振動が動伝わるか考えてみました。

f0247196_8274738.jpg

スピーカーユニットの振動

すべてではないものの、スピーカーユニットの振動の主要な
要因はこれではないかと思われます。

① コーン紙の前後運動から外周フレームに伝わる振動
② コーン紙の後から出る音がフレームに当たり振動する
③ 各振動がフレームを伝わり、コーナー部分に溜まる。
④ 振動が一番お尻のマグネットに集中する

このようなことが考えられるのではないでしょうか???

[PR]

by jbls9500 | 2013-12-27 08:30 | オーディオ
2013年 12月 27日

SV-17Kクマ様スペシャル試②

さあ、次はこれを聴いてみました♪
f0247196_82365.jpg
ゲッツ/ジルベルト

これも凄いですね、これもザラっとした
エグミが聴こえます。

えぐい部分にくっついて
美味しい部分がシッカリ聴こえます。

ああ、こんなチャーミングなボーカルは初めてです。
エグミがドンドン聴こえるのに、惚れてしまうほど
チャーミング♪

全体的にオーディオ的な音がないのに、
凄いオーディオシステムでは聴けないものがドンドンと
流れ込んできます。


ボーカル“も”絶品なんですね このアンプは…

ああ、まだまだ可能性がありますね♪

[PR]

by jbls9500 | 2013-12-27 08:23 | オーディオ
2013年 12月 27日

SV-17Kクマ様スペシャル試聴①

さあ、SV-17Kクマ様スペシャルアンプの試聴を開始します。
f0247196_83564.jpg
SV-17Kクマ様スペシャルアンプ

つないで聴いてると…う~ん、モタモタ モコモコ…
さっぱりよくありません。

ベイマのユニットの相性が悪いのか…
それでも我慢して聴いていると、いきなりスイッチが
入りました♪ 凄い音が怒涛のごとく迫ってきます。

それではまずこれから…
f0247196_7493855.jpg

エクスタシー  木野雅之

このソフトは色々な音が入っているCDで再生装置によって
コロコロ表情を変えてきます。
これは凄い♪♪♪ 一曲目を聴きながらついつい力が
入ってしまい演奏に合わせて感情移入してしました。

このような体験は初めてです。
特に情報量が格段に多いとか感じられないようなのですが、
よくよく聴くと今まで聴こえない音 それもオーディオ的な
音ではなく、演奏者の気持ちが音に表れている 
つまり、思わず力が入るという演奏のスリリングな部分に必要な“雑音”が聴こえます。

普通ならこの“雑音” 邪魔とおもわれのでしょうが、
演奏のエキサイティングな表現には必要だということが
わかりました。しかし今まで何で聴こえなかったのだろう???
多分聴こえていたのですが、聴こえ方 
情報量が違うのでしょうね。

これは面白くなってきました さあ、次のソフトを聞いて
このアンプの力をもう少し探ってみたいとおもいます♪

[PR]

by jbls9500 | 2013-12-27 08:05 | オーディオ
2013年 12月 15日

到着しました、うれしいですね♪♪♪

到着しました、うれしいですね♪♪♪
f0247196_1325615.jpg
確かに398といえば398の真空管アンプなのですが、
何か佇まいが違います。
勿論情報が入っているのは確かなのですが、見た感じ
持った感じ なにか違うものを感じますね。

名人かつくった真空管アンプは何か違うのでしょうね♪
f0247196_1332172.jpg
外観からわかるスペシャルバージョン 
ロジウム端子ですね いやいや凄いですね。

今晩試聴ですが、少し早くスタートするかも

楽しみですね♪♪♪

[PR]

by jbls9500 | 2013-12-15 13:03 | オーディオ
2013年 12月 15日

何か凄い事になっているという...

何か凄い事になっているという情報が入ってきました。
f0247196_12593791.jpg

SV-17Kクマ様スペシャル


何かクマ様が送るのが惜しい...なんてコメントいただいて
しまいました。ノーマルでも凄いと思っていましたが、
高速ダイオードが入ったスペシャルバージョンは何か凄いみたいです。

明日届くということで、滅茶苦茶楽しみです。

試聴の準備をしないといけないですね...

[PR]

by jbls9500 | 2013-12-15 13:00 | オーディオ
2013年 12月 15日

鳴らぬなら、鳴かしてみよう...とはいかないですね...

勘でいいと思って以前購入したユニットでしたが、
これには手を焼きました...結局...自分の好みには鳴りませんでした。
f0247196_12361958.jpg
f0247196_1236958.jpg
f0247196_12364065.jpg

ステントリアン“ジュニア”
8インチフルレンジユニット


軽いコーン紙 20㎝ユニット 自立台など魅力がおおく、
イギリス製ということもあり、鳴ると踏んでいたのですが、
これがまったく鳴りません。

多分これは、当時の真空管のボケ気味の音を補うような音で
つくられたのではないかと思います。

今のアンプで鳴らしてみましたが、まったく潤いが感じられません。
突っ張ってばかりの音でした。

これは蝶ダンパーが原因だと思われます。

非常に硬く、動かないですね...

鳴らぬなら、鳴らしてみよう 鳴るまで待とう というわけには
いかないようですね...

[PR]

by jbls9500 | 2013-12-15 12:37 | オーディオ