正法眼蔵アーカイブ2

jbls9500.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 08月 ( 52 )   > この月の画像一覧


2014年 08月 30日

Deep in a Dream様からの刺客-2

それではいつもの通り(爆) ユニットだけで聴いてみましょう♪

こんな感じです。

f0247196_17151251.jpg
























ああ、いつものごとくバッフルがなくてもいい音です。
いやいや最近こんなのばっか...ユニット単体でなるものばかりで
感覚がおかしくなりそうだ(笑)

やはりこのユニットも普通ではない 凄い音がしますね。

まずいいのが、高域  一聴して少しピーキーな感じがするのですが、
非常に魅力的な音です。使い込んだ金管楽器の表面のような
渋さ ヴィンテージの高級なヴァイオリンのようなくすみ具合と
いったらいいのでしょうか 

この独特の歪感がたまらなく魅力的です。

低域もハイスピードではないですが、味があります。

全体的にはクリアな音ではありませんが、
この熟成した味を一旦味わってしまうと怖いですね
抜けられそうにもありません。

さあ、早急にバッフルに装着してみたいです

急ぎましょう そうでないとこの魅力に抗えそうもありません(爆)

[PR]

by jbls9500 | 2014-08-30 17:15 | オーディオ
2014年 08月 30日

Deep in a Dream様からの刺客-1

Deep in a Dream様から凄いものが届きました。
こんなものをお貸しいただけるなんてうれしい限りですm(_)m
f0247196_17124225.jpg






















































































































Graetz(グレーツ)のフルレンジですね♪

これは凄い 凄いオーラです

いゃぁ~ ブログのお仲間の情報がなければその存在すら
知りえないものですね

さてさて、聴いてみたいと思いますね♪

[PR]

by jbls9500 | 2014-08-30 17:13 | オーディオ
2014年 08月 30日

自作スピーカー試聴-2

さあ、試聴の続きです。
低域が一寸気になりますので、今度はまじめにスピーカーに
正面に向かい合って聴いてみました

☆試聴
脇で聴くと低域のもたつきが感じられましたが、
正面で聴くと非常に精度の高いリアリティのある低音ということが
わかりました。スピードが速くしまっていて、リアリティがありますね。
脇で聴く低音とまったく違うということは、この低音は志向性が
強くハイスピードということがわかります。

脇で聴いたボコボコした印象はその残骸ではないかと思われます。

まじめに聴かないといけないスピーカーに仕上がってしまいましたね~

そして正面で聴くと定位がいい♪ ボーカルの唇もチャーミングに
しまっていていいです。
音場は広くなく、しまってコンパクトですね。

前後の表現力はいいですね なかなかのものです。

ただ...この音は玄人好み わかるかなぁ~このよさ♪

話は変わってオークションにこんなものが出ていました

f0247196_1755259.jpg
f0247196_1763235.jpg
f0247196_1771413.jpg




































































































































































































































































































































































































◇最初期 37/1000番◇ JBL D44000 C44 PARAGON パラゴン

これを取り上げたのは今回無垢材を使いバスレフという一般的な
箱を作成してわかったことなのですが、無垢材を使うと非常に滑らかな
音に仕上がったということです。

このパラゴンは最初期のもので、オール米松合板を使っています。
多分滑らかな音がするんでしょうね。
540万円で値引き交渉付ですが、十分価値があるのではないかと
思います。まあ買えませんし 置けませんが(爆)

[PR]

by jbls9500 | 2014-08-30 17:04 | オーディオ
2014年 08月 30日

自作スピーカー試聴-1

自作スピーカーの試聴をします♪

自分でつくったものですので、かなり冷静な頭で聞かなくては
なりませんね このあたりが難しい
贔屓が入らないようにしたいですね♪

f0247196_1658239.jpg





























☆試聴
ポップスの耳なれたものを中心に聞いてみました。

一聴して“美しい♪”と思いました。
以前から感じていたことなのですが、このユニット 非常に反応がよく
箱の性格を明確に音に出す傾向があるようです。

この美しい響きは無垢材を使ったことによるものだと思いますね。
ボーカル帯域のきめの細かさ アタックがそろっていること
品がいいということは、アタックがそろっていてそれでいて
滑らかにつながることだということがわかりました。

低域は...口径から考えてとてもよく健闘しています。

予想以上の低音です。

しかし、バスレフくさい少し遅れた低域に聞こえます。

低域に関しては失敗か...しかしエンクロージャを触ってみると
案外音量を上げているのにほとんど振動を感じません。
感じる部分はエンクロージャの上部の部分のみでした。

これだけ振動を抑えているに何故遅れて聞こえるのか
吸音材なしの関係か...

いやいや一寸まった...

f0247196_16582211.jpg







































大体いつもこんな感じでリラックスして聞いています。
傾向はいつもこれで大体わかるのですが...

もう少しチャントした形で聴いてみましょうか

何か見落としがあるような気がします...

[PR]

by jbls9500 | 2014-08-30 16:58 | オーディオ
2014年 08月 30日

何とか完成♪

何とか完成しました♪

f0247196_16542541.jpg















全体的に色が乗りまあまあだと自分では思うのですが...

f0247196_16544941.jpg





























こんな感じですね♪

f0247196_16552648.jpg































前後の板は完全に周りの板と違うようにしました。

後の部分は9㎜+11㎜となっているのですが、前後で共振を違えると
さほど影響がないかなぁ~という考えのもとにここは変えました。
材料の厚みは同じですが、合板を採用 モードが違うと思います。

さて、音はどうかなぁ~

[PR]

by jbls9500 | 2014-08-30 16:55 | オーディオ
2014年 08月 30日

塗装はしたものの...


スピーカー作成も大詰めに来ているのですが、今までの実験では
なく他の方に使っていただくものなので、少しは概観にはこだわりたい
ですね... しかし...
f0247196_1583226.jpg




















あまりにも仕上げが悪かったので...写真にも撮らず気に食わない部分を
削りました。フロントは木目を生かして、ワックス程度で仕上げたほうが
いいかもしれませんね~

f0247196_1593148.jpg
























サイドの感じはいいですね~
ここは生かしてみたいです

今日には仕上げたいですね~

[PR]

by jbls9500 | 2014-08-30 15:09 | オーディオ
2014年 08月 30日

瀬川冬樹 “オーディオの系譜”

今この本を読んでいます。

f0247196_1563827.jpg














































初版発行が昭和57年 約30年前の本といえますね。
オーディオ機器などの内容が豊富に掲載されているので、
過去の遺物のように思えるのですが、これがとても新鮮な
輝きをもっています。やはり瀬川さんはすばらしいライターだったと
いうことがわかりますね。

記事の中心になっているのがアナログ再生のノウハウや機器のことが
多いのですが、スピーカーなどの見識は今でも目を見張るものがあり
やはり鋭い感性をもってらっしゃると思います。

ここから何か得られるものがあればいいですね。

文章も芸術的で何か品みたいなものを感じます。

やはりすばらしいものはすばらしいんですよね~

[PR]

by jbls9500 | 2014-08-30 15:08 | オーディオ
2014年 08月 30日

部屋を狭くして新しいスピーカーを構築♪

先日の記事で部屋を狭くするということで計画しているのですが

☆部屋の状況

☆部屋を狭くするヒントを与えてくれた本

理想の部屋のモードとしては1:0.845:0.725となっているの
ですが、今の部屋を分析してみましょう。

短辺方向のサイズは3460㎜
これを基準とすると3460㎜を0.845の対比にすると
3460㎜÷0.845≒4095㎜

4095㎜÷0.725≒2968㎜

4.095×3.46=14.16㎡

14.16×0.3025=4.28坪 4.28×2=8.56帖

部屋の計画はこれ♪
f0247196_1541142.jpg
































この計画では、機器はすべて機械室に入れます。
出すとすればアナログプレーヤーだけですね。
音量もある程度最初にセットしておけばいいと思います。

後は仕切の壁を入れた奥ですが、強制的にファンを使って
空気を上方に流します。

ファンの風量を調整することで、音をコントロールしたいと
思っています。これは以前から考えていたものです。

だた、12畳から8畳強は少し狭いかなぁ~

まあ、まだまだいろいろと考えなくてはいけないと
思っています。

[PR]

by jbls9500 | 2014-08-30 15:04 | オーディオ
2014年 08月 30日

知人のためにボックス作成-4

失敗した穴あけから立ち直り、もう一本もつくりました♪
まだ削る前の状態です。
f0247196_14583242.jpg
























最終的の隙間をパテでうめて、外部をダブルアクションで削ります。

f0247196_14591074.jpg































































ユニットを落とし込んでみました。

いいですね♪
箱の状態ですが、ユニットの取り付け部分にアーって声を出してみると
箱なりが感じられずナチュラルです。
確かにこのサイズで、板厚20㎜ フロントバッフルは24㎜
内部は無垢材で麻布で強化しているので、かなりいいですね♪

もう少しです...早く完成させて鳴らしてみたいですね♪

[PR]

by jbls9500 | 2014-08-30 14:59 | オーディオ
2014年 08月 30日

現在の部屋はこんな感じ

部屋を狭くしたいと考えた記事をアップしましたが、
現在の部屋はこんな感じです。

f0247196_14552351.jpg






















壁の中心からですが、幅3,640㎜ 奥行き5,460㎜ですね。

立体的な図面ではこんな感じです。

f0247196_14552528.jpg





















この中に小さな部屋をつくりたいですね。

といってもあまり小さくはならないかもしれません。


少し計算してみたいと思います♪

[PR]

by jbls9500 | 2014-08-30 14:55 | オーディオ