<   2014年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2014年 09月 21日

アルニコユニットを探す♪

先日の記事で、アルニコユニット+無垢もしくはオーディオ用米松合板

ボックスの音が知りたくなり、実験をしてみていたいと思っているのですが

価格は5千円位 

本来なら手持ちのユニットでやったら購入する必要がないのですが、

オリジナルの箱との比較もしたい...ユニットもアルニコは...

ああ、出張中ですし、箱には合いそうもありませんね。


さて、オクとサイトを徘徊...

ビクターの古いスピーカーがよさげ...

f0247196_19474468.jpg







































ビクターSX-500Ⅱ

ああ、5-6万円位でしょうか?


f0247196_1948687.jpg









































ビクターSX-311

これも高いなぁ~ 条件はある程度満たしているのですが...

次はこれかなぁ~

f0247196_19481971.jpg






























ビクターSX-3Ⅱ

うん うんまだ高い 

これは...

f0247196_1949371.jpg












































ビクターSX-3

これは...少し難があるものが多いが、何とか3千円位で手に入ると

思われます。送料込みでも5千円で済みそう...



さあ、いってみましょうか♪

[PR]

by jbls9500 | 2014-09-21 19:50 | オーディオ
2014年 09月 21日

タイムリーな記事♪


プリウス師匠が面白い記事をアップされていましたね♪

この記事です



何かタイムリーなので正直ビックリしています♪

アルテックのエンクロージャの事とマグネットの事が書かれていますね~

最近のMDFやパーチクルボード マグネットはフェライトですから

初期のアルニコ 米松合板のエンクロージャは素晴らしいとの事。

う~ん この世界を体験したいなぁ~

東京のクラッシック喫茶バロックで...
f0247196_1941257.jpg












































ここで聴いたヴァイタボックスCN191コーナーホーン

タンノイのレクタンギュラーヨーク(だと思われます。)

これらを聴いたとき、とても素晴らしく、多分どちらも米松合板で

構成されていると思われます。

ヴァイタボックスCN191コーナーホーンは、構造からいって

構造の音がするのですが、ヨークの方は単純なバスレフボックス

これは木の違いが出るんじゃないかと思われます。

実際に比較はしませんが、その全体にわたり艶ののった音は

現代のスピーカーでは到底味わうことのできない世界ですね~


alt​um様のところでアルテックA7を聴かせていただきいたときも

アルテックでクラッシックが見事になっていました。

これは無視できない状況ですね♪ 実験の虫が沸々と...



でも、正直いって当時のエンクロージャ アルニコユニットが

出てきてもとてもとても手が出る代物ではないですね。

それに実験ですから、安価で手に入らなくてはね~

そこで...アルニコ 口径も大きいほうがいいなぁ~ レンジも広い方が

よりわかりやすい 価格は トータルで5千円位が実験にはもってこい

ああ、そんなものあるかいなぁ~ 世間はそんなに甘くない...


少し考えてみたいと思います♪

[PR]

by jbls9500 | 2014-09-21 19:41 | オーディオ
2014年 09月 17日

板はこんな感じで実験したいですね♪

無垢板の実験をしないといけないですね♪

さて、まずはこんな感じ。

f0247196_963293.jpg





















縦方向で2枚重ねですね。

f0247196_96468.jpg





























繊維を直交させて、強度を高める方法

f0247196_965757.jpg




















どちらかいいほうを残して、間に桐の無垢材をはさんで安定化させる

どれがいいかをバッフル段階で確認して、板つくりに進んでいければと

思います。

[PR]

by jbls9500 | 2014-09-17 09:06 | オーディオ
2014年 09月 17日

あるじゃないですか♪

先日無垢材によるスピーカーボックスを作成し、その可能性に
大いに触発されましたが、流石にまともに買うと高そう...

そこで考えていたらあるじゃないですか 家に♪

f0247196_932819.jpg




























先日MC240様のご自宅を訪問した際にいただいた
カリンのフローリングの廃材

一度貼ってしまったものなので、現場では使えず捨てるものを
いただいたものです。

f0247196_934392.jpg















なかなかいい感じですね。
これで実験用の材料と本格的につくるボックスも何とかできそう。

少し手を加える必要があるのですがね~

まあ、お金を出せば解決することも、こうやって廃材を復活させれば
手間だけで済みそう♪

何とかやってみたいと思います♪

[PR]

by jbls9500 | 2014-09-17 09:03 | オーディオ
2014年 09月 17日

工作はあまりしないつもりでしたが(爆)


工作は...あまりしないつもりでしたが...

またまた実験の虫が...(爆)

ステレオのおまけユニットの変化のよさが...

後無垢材の魅力が...

やるしかないかもしれません。

こんな計画をしてみました。

f0247196_905827.jpg










































フロントバッフルを数種類作成し、後ろの箱はダンボールの積層で
作成します。あえてダンボールにしたのは、艶はまったくないですが
癖がないということと、リビングで作成できるメリットがあるからです。


問題はフロントバッフルですね。

さあ、どうしましょうか?

少しひねった無垢材を考えています

どうでしょうかね~

[PR]

by jbls9500 | 2014-09-17 09:01 | オーディオ
2014年 09月 16日

無垢材の魅力が...

先日知人のために作成したスピーカーを聴いて...

自分なりに非常に魅力的であったことが...自分のメインスピーカー

オーディオは何ぞやまで考えるようになりました。

最初に入れた逆ホーンボックスは...

非常にいい音ですが...音が少し淡白で魅力がイマイチ...

無垢材と合板 OSBのスピーカーは魅力的な音がしました。

今まで無垢材がいいという漠然なイメージのみをもっていた私ですが

どうもこれは真剣に取り組んでいかなくてはならなくなったようです。

ブログのお仲間のClark様がLinfof工房スピーカーのスピーカーボックスを

愛用されているということで、ブログの内容をジックリと

みさせていただきました。

非常に魅力的ですね♪

f0247196_10192796.jpg











































Clark様が撮影のLinfof工房スピーカーの写真




無垢を使っているにしては低価格ですね

ただ、それじゃ面白くないと思ってしまうひねくれもののSEED

さあ、どうしましょうか???

[PR]

by jbls9500 | 2014-09-16 10:19 | オーディオ
2014年 09月 16日

スピーカースタンドを作成♪

わがままおやじ様の依頼をうけ、スピーカースタンドを作成しました。

f0247196_10174622.jpg



























以前から紹介していますが、Ge3のサイトで紹介されている
スタンドです。これを作成して使用すると他のスタンドは必要ないくらいの
性能なんですよね。

f0247196_10175741.jpg























構造はいたってシンプルです。

さて、わがままおやじ様はどう感じていただけるでしょうか?

楽しみですね♪

[PR]

by jbls9500 | 2014-09-16 10:17 | オーディオ
2014年 09月 16日

茄子つながり(爆)

ブログのお仲間 くま様ことMC240様から貸し出しとして
素晴らしいものが届きました。

これ♪
f0247196_1092840.jpg




























300Bの出力球です♪

これは...

ですね

f0247196_1094310.jpg





























俗にいう“茄子球”ですね。
300Bなかでもスタイルが好きなものですね♪
どんな音がするんでしょう

茄子ときたら...何か違うものが入っていました。

f0247196_1095755.jpg






















いやいや赤茄子です これは凄い 写真ではわかりませんが
かなり大きいです。

f0247196_1010922.jpg

















ヘチマですね  これもおいしそう♪

これも凄い♪
f0247196_10102323.jpg

















ゴーヤですね でもそのあたりで売っているものとは
別物ですね これは今晩いただきます。


いやいやうれしいサプライズが沢山です

楽しみが増えましたよ♪

[PR]

by jbls9500 | 2014-09-16 10:10 | オーディオ
2014年 09月 11日

自作スピーカー 知人の評価♪

スキャンスピークのおまけユニットを使った自作スピーカー
知人からの評価がやっと届きました。
先方の機器の不具合から遅れてしまったようです。

f0247196_15121244.jpg































メールの文章をそのまま転記するわけにはいかないので、
かいつまんで書かせていただきます。


-------------------------------------------------------------------------------
☆印象
凄い事になっています。
これはもうハイエンドの音ですね。

そこらの50-60万円のスピーカーは軽く超えています。
クラッシックの美しさは同じスキャンスピークのユニットを使った
100万円超えのピエガに酷似しています。


色々なジャンルの音楽を聴いていますが、オールマイティですね
女性ボーカルの発音のきれいさは秀逸です。

-------------------------------------------------------------------------------

ほんまかいな(爆)

まあ、送り出す前にチェックで試聴した際にも、非常に滑らかで
つながりがよく、艶がある音でしたね。

多分鳴らしこんで、大分なじんできたのではないかと思われます。


先方様が満足いただけるとこちらもうれしいですね。

低価格でできたのもよかったです。

自分用に作りたくなりましたよ(笑)

でも工作が続いているので、少し休みたいな~

[PR]

by jbls9500 | 2014-09-11 15:12 | オーディオ
2014年 09月 07日

ジャンルによる音楽再生のツボ-ポップス-3


さて、ポップス再生を少しオーディオに落とし込んで考えてみたいと
思います。ボーカルの帯域をちょっと考えてみます。

f0247196_17524129.jpg










































このグラフをみると、ボーカルの帯域は下は大体100Hz
上は1KHz程度の帯域になります。

情景描写力を高める 再生をおいしくするにはやはりここを
重視したいと思います。

そこで何が考えられるかというと...

情報量と帯域のつながり

周波数レンジが単純に広いだけではおいしくならないボーカル
つながりが大切だと思われます。
以前、D130(38cmフルレンジユニット)を鳴らす際に
ツィーターを色々チョイスしたことがありますが、一番良かったのは
シーメンスのコーン型ツィーターでした。

このことから考えるとボーカル帯域でのつながりは素材の同一化が
もっとも重要だと思われます。ウーハーを基準に考えると
やはり帯域を広げるためには、どうしても同じ素材を用意する
必要があると思います。
あとは、ネットワークという問題があります。
私の経験上 極力ネットワークを入れない方がおいしく再現される
ようです。

それならフルレンジが一番いいのか?

ここに大きな落とし穴がありました。
フルレンジは音源が一つでつながりはいいように思えますが、
各周波数に対して同様の動作をするかというと、
これが案外難しい...

そうゆう意味ではフリップスのダブルコーンフルレンジユニットは
ポップス再生にかんしてよく考えられたユニットだと思いました。

f0247196_17525896.jpg




























高域にいくにつれ暴れる音をダブルコーンという形で振動を
統一化してつながりを良くしています。

これらのことを考えると...

f0247196_17531368.jpg
































やはりこのスピーカーは良く考えられています。
ウーハーはフルレンジ入力
ウーハー ミッド ツィータ もすべてコーン型
ユニットの配置もこれ以上ないくらい接近しています。

音のつながりも抜群で、ユニットはそれぞれの帯域をおいしく再生し
それ以外の帯域は他のユニットに任せています。
つまり各ユニットが同じ傾向で無理をしていないのです。

それでいてボーカルやそれに付随するバックの演奏に対するレンジも
十分に確保されています。

どこをどうとっても素晴らしいと思います。

やはり今でもポップス再生に関してはこのスピーカーが一番だと
思いました♪

[PR]

by jbls9500 | 2014-09-07 17:53 | オーディオ