正法眼蔵アーカイブ2

jbls9500.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2014年 09月 07日

ジャンルによる音楽再生のツボ-ポップス-2

夏のオーディオルームは非常に暑くてつらい
ということで、涼しいリビングでこの方のCDを聴き倒しておりました。
f0247196_17465472.jpg

































松田聖子さんベスト

絶世期にはいい評価も悪い評価もあったようですが、
本当に素晴らしい歌手だと思います。

松田聖子さんを聴いていると、ポップスのツボがわかってきました。

何よりも素晴らしいのは...

情景描写力

この一言につきるのではないでしょうか♪

たとえばこの曲を聴いていると...

松田聖子 白いパラソル


本当に頭の中に情景が浮かんできます。

f0247196_17472142.jpg










































夏に特化して売れる歌手の方もいらっしゃいますが、それはその歌手の
情景描写が夏にマッチしているからでしょう♪

うまい人になるとオールシーズンできるのでないかと思います。
勿論 作詞・作曲のコーディネーターの力量も必要です。
総合的なイメージ創りが重要な鍵となってくるのでしょうね♪

さて、ツボがわかると、今まで自分が取り組んできたアプローチが
すべて無駄になりました。

でもすべてはそれがわかるためのアプローチだったのかもしれません。

次はこのツボをオーディオに当てはめてみたいと思います。

[PR]

by jbls9500 | 2014-09-07 17:47 | オーディオ
2014年 09月 02日

ジャンルによる音楽再生のツボ-ポップス-1

最近特徴のあるフルレンジを3種も聴ける機会を頂き、
少し音楽による再生のツボを探っていきたいということで、
記事をあげてみました。

最初はポップスです。
ポップスを軽視する方もいらっしゃいますが、私はかなり重視しています。
チェックソフトにもポップスを入れていますし、将来的には
増築部分のシステムもポップス中心のものを組んでみたいと
思っている程です。


さて、ポップスの再生のツボに関しては長い間わかりませんでした。

30年以上前に秋葉原で聞いたこのスピーカー 
いまだにこのスピーカーで再生されたポップスの音は
それを超えるものはなかなかありませんでした。

f0247196_18562952.jpg





















































JBL 4311B

これはすこぶる素晴らしかった 兎に角密度があり、
押し出しも良かった それ以上に心を奮わせる何かがあり、
その音の傾向は今でも忘れられません。

でもこのスピーカーが何故??? その理由を言葉にしようとすると
まったく思いつきませんでした。

よく日本のスピーカーは日本のポップスには最適といわれますが、
一時これを使っていました。
f0247196_18564539.jpg





































テクニクスSB-M1000

一時私が究極と思ったスピーカーで、オーディオのイロハを勉強した
凄いスピーカーでした
今でも残骸としてオーディオルームにありますが...
なかなか手放せないですよね

この時代もポップスの再生は無理でした。

ポップスの再生とはなんぞや???

検索しても答えが出るわけではなく、脳ミソが耳から出るくらい
考えてみました(爆)

ポップスがヒットする要因は何なのか?

曲が売れるポイントは何なのか?

昔のポップスを懐かしく聴く気持ちは何なのか?

...色々と考えてみました。

ここで一番のヒントをいただいたのが元新潟のU様とのやり取りでした。

U様はオーディオマニアで機器も素晴らしいものをお持ちです。
そこで私が作成したオーディオグッツをお送りしたのですが
まったく変化がありませんでした。

うちでは劇変するグッツなのですが、何故変わらない...
これはもしかしてU様はポップスのツボを捉えており
私はそれがわからない 
だから、違うポイントでの変化するグッツを提供したのでは...

そう思えてならなくなりました。

もう少し考える必要がありそうですね♪

[PR]

by jbls9500 | 2014-09-02 18:57 | オーディオ
2014年 09月 02日

松下20cmフルレンジから学ぶ-2


さて、松下フルレンジを箱に入れてみました。
f0247196_18531251.jpg






























はい、これでやっと低域が補正され、逆相の音が気にならなくなりました。

音はというと、まさに純日本 日本人がコーディネートした音ですね。
フラットで癖がなく、よく言うと優等生

悪くいうと特徴のない音です。

少し振動処理対策をすると、グッとよくなります。
音場が出てくるんですよね 

しかし、これを聴くと...ょっと思うところがあり、これを引っ張り出してみました。


う~ん、なんとも魅力がない...

これで大分わかってきました。
これらの結果を踏まえて、次回からポップス音楽再生に関して
追求していければと思っています♪

[PR]

by jbls9500 | 2014-09-02 18:53 | オーディオ
2014年 09月 02日

松下20cmフルレンジから学ぶ-1

さて、ちょっと思うところがあり、これを引っ張り出してみました。

f0247196_1817457.jpg














































ナショナル20cmフルレンジユニット

日本製のフルレンジユニット ヴィンテージの域にあるものですね。
早速裸で...

うんうん、逆相音も聞こえるし、低音も出ない
はい、これが普通ですよ 今までのユニットが異常でした
ユニット単体で普通に鳴ってしまうのはある意味ルール違反ですよ(爆)

はい、一寸鳴らしてみましょう。

☆単体での試聴
はい、低域は出ません。
全体的にナチュラルで、デッコミ ヒッコミがなく
あっさりサラサラ 何でも再生できそうですが
特徴がない...そんな感じです。

さてさて、単体ではなくこれにはなんかしらの箱が必要ですね

[PR]

by jbls9500 | 2014-09-02 18:24 | オーディオ