正法眼蔵アーカイブ2

jbls9500.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2014年 12月 30日

300Bクライオ処理-2

さて、試聴してみましょう

f0247196_17241554.jpg





































☆試聴
この球はある程度鳴らしこみがすんでいるので、安心して
視聴しましたが、肩透かしをくらいました。

最初の音出しの印象は...
○アタックが揃っていない
○高域が人工的
○低域が甘い

そんな感じで正直ガッカリしました。

最初の日はそんな感じでしたが、しばらく我慢して聞いていると
徐々に変化していきました。つまりクライオ処理したものは
最初は新品的なものになるのではないかと予想されます。

鳴らし込後の音は...
○定位がピシっときまり、ボーカルはコンパクトにまとまる
○すべての帯域でアタックがそろう
○空間の再現力が高まる

クライオ処理前の真空管とはまるで別物で高級な音に変化しました。

凄いですよこれは♪

さて、次は全く歯がたたなかったこれと対決です♪
f0247196_17242723.jpg




















MC240様からお借りしている茄子球です

これは凄い球なのですが、どこまで迫れるか
比較試聴は次回です♪

[PR]

by jbls9500 | 2014-12-30 17:24 | オーディオ
2014年 12月 30日

300Bクライオ処理-1


ブログのお仲間雪まるだ様にお願いして、手持ちの300Bを
クライオ処理していただきました。

お任せしたのですが、な、なんと6回も処理をしていただきました。
処理→常温に戻す×6回ですよ♪ 手間がかかったと思われます。

雪まるだ様おおきにm(_)m

さて、戻ってきたものをみてみましょう♪

f0247196_171842100.jpg





































写真では何も変化がないように思えますが、まるで違います。

ますは...

f0247196_17185810.jpg




































ガラスですが、今までは普通のガラスといった感じですが、
処理後はまるで萩ガラスで真空管をつくったような高級な響きが
します。 真空管どうしを軽くぶつけると響きが違います。
今までは“カン・カン”といった感じでしたが、
処理後は“コン・コン”といった感じでしょうか 
ここまで変わるんだったら、事前に録音しておけば
よかったですね~

さて、次は...
f0247196_17191361.jpg
























足元ですね~
ここの素材も触ってみるとしっとりしています。

何か部品自体が超高級なものに変わったような感じがします。

クライオ処理に関しては、随分前にはまっていましたが、
1回の処理では不十分で2回処理した方がよかった経験がありますが
6回なんてものは未知のゾーンです。

これは期待大ですね♪

さてさて、試聴ではどんな結果が得られるのでしょうか♪♪♪

[PR]

by jbls9500 | 2014-12-30 17:19 | オーディオ
2014年 12月 27日

東京オーディオツアー番外編-2

番外編ですが、雪まるだ様のオーディオ専用ルームに戻ります。



雪まるだ様から、電池の違いによる音の違いを聴いて欲しいと

いう提案がありました。



電池に関しては昔CDプレーヤーのクロックの電源を

電池駆動にしていたことがあり、電池の音の違いは散々

やってきました。懐かしいですね~

今回は...
f0247196_19422454.jpg





















SDカードトランスポートです。



このトランスポートは徹底的に改造されてクライオ処理も

されています 凄いものだとおもいますね♪

f0247196_19425657.jpg
















手前からマクセルのマンガン電池 中央パナソニックのマンガン電池

一番向こうがダイソーでうっている電池



これで試聴してみましょう♪



①マクセルの電池

いいですね~非常にフラットな音がします。リファレンスと

言われるだけのことはありますね♪



②パナソニックの電池

少し中域がはった感じがします 中域重視の音ですね。

曲によってはいいんじゃないでしょうかね♪



③ダイソーの電池

これは評価に値しないくらい悪いですね~

チャラチャラしているというか アタックがそろっていない

というか...



面白い実験でした

私の“昔”の電池の評価は

①東芝マンガン電池

②ナショナルマンガン電池

③東芝アルカリ電池



かなりの数の電池を試してこのような結果でした

ただ、私がよかったと思った東芝のマンガンはないみたいですので

この試聴はとても参考になりましたね~

[PR]

by jbls9500 | 2014-12-27 19:42 | オーディオ訪問記
2014年 12月 27日

東京オーディオツアー番外編-1

今回の東京オーディオツアーは父に会うためのついでに

計画したものでしたが、かなりメインになってしまいました。



うつを治すためにも必要だったと思います。



まだまだ完治までは先が長いですが...



父にあってきました もうすぐ80歳ですが自転車で2駅位は

軽々とこいできますので、まだまだ大丈夫ですね♪



胃がんで異を全摘出しているので、一気に沢山の食事は無理



そこで...

f0247196_19392225.jpg










































寿司屋にしました。中にはいると回転寿司のしつらえがしてありますが

内容は職人が握る寿司屋と変わりません。

回転寿司は動いていませんでした。



ランチもあり安いのですが、好みのものを少しずつ食べるほうが

いいので、注文しました。



f0247196_19394699.jpg





















これは凄いですね 本格的です。

広島でも回転寿司にはいきますが、全くレベルが違う

ここの寿司はいいですね~ 広島がレベルが低いのかなぁ~

でも父もここの寿司は美味しいと言っていますので、

やはりいいのでしょうね♪



久しぶりに美味しいものを堪能しました。

父も元気でしたので安心です♪

[PR]

by jbls9500 | 2014-12-27 19:38 | オーディオ訪問記
2014年 12月 27日

東京オーディオツアー(13)S様編-4


さて、先日の記事でスキャンスピークの自作スピーカーの
音が素晴らしいと書かせていただきましたが、イマイチ気に入らない
部分があります。“音の密度”ですね~

スキャンスピークのユニットを少しみてみましょう♪
f0247196_935573.jpg














































ユニットの形は素晴らしいですね~
背面の空気抜け フレームのカーブなどなど考えられています♪

しかし、大きな欠点は素材でしょうね。
プラステックもしくは樹脂でできていると思われるこのユニット
当然歪には弱いと思われます。

特に、エンクロージャに取り付ける際には、ネジの締め具合
エンクロージャの平面度合い ユニット自体の精度も
気になります。

鉄板や鋳物でしたら気にならないものも、この素材ではかなり
音に影響されるのではないかと思います。
作成の際にもここは気になりました。

はい、今回はS様がこのスピーカーを大変気に
入っていただきましたので少し対策をしてみたいと思います。
対策グッツはこれです♪
f0247196_944075.jpg

























Ge3 ケブタフェルト・シール


f0247196_9533.jpg


























ユニットとエンクロージャの間に挟み込むように
でもそれは難しいので、両面テープでユニットにはりこんで
いきます。施工した写真は↑です。

では試聴してみましょう♪

☆試聴
いやいや凄いですよこれは♪ ジャズのソフトではいままで
少し控えめで再生されていたベースの音がグっと前に出てきます。
それでいて、主張されず他の演奏者のサポートとしてしっかりと
音が構築されます。そのおかげで全体もいきいきした表現に
上がります。
オペラのソフトでは、密度がグっとあがってリアリティが
格段にあがりました。歌手のボディまでもみえるような
表現 唇もコンパクトでそれでいて熱い表現には
ノックアウトです♪

やはりユニットの歪が音に悪影響をもたらしていたことが
よくわかりました。さくどう親父様にも違う方法を
伝授していますが、やられるかどうか...ですね~

このユニット この箱はもう一度作成したいと思っています。
今度は実験で得た成果をてんこ盛りにして、いいものを
作成してみたいと思います。

S様にもまた聞いて欲しいですね~

東京ツアーはこれで終わりですが番外編も少しアップしますね

とても有意義な2日間でした♪

試聴させていただいた さくどう親父様 雪まるだ様
S様 ありがとうございましたm(_)m

[PR]

by jbls9500 | 2014-12-27 09:05 | オーディオ訪問記
2014年 12月 27日

東京オーディオツアー(12)S様編-3

さて、S様に無理をいって私が作成したスピーカーを設置して
いただきました。これはこれはコンパクトですね~

f0247196_8592779.jpg
























































































































いやいや、名機B&W805のあとでお粗末な仕上げの私のスピーカーを
聞くのもどうかなぁ~とおもいますが、部屋のボリュームを
考えるとこれがハマるかもと思い始めました。

☆試聴
これは凄いですね~
決してワイドレンジではありませんが、低域から高域までの
アタックが綺麗に揃っており、音楽の融合感があります。
そう、アタックがそろうと音楽がいきてきます♪

クラッシックを聴くと、大編成のオーケストラもそれなりに
まとまり低域のイメージもコンパクトではありますが、
かなりのところまでイメージできます。
小編成のストリングスなどははまりますね♪
ちょうどいい距離感とコンパクトにまとまる像が素晴らしいです。

ジャズを聞いてみましょう♪
うん、うん、いままでジャズになるともたつきが感じられたの
ですが、それが全くありません。ベースの音階も綺麗に
決まります♪

オール無垢材で、コンパクトなボディながら吸音材なし
最小の板厚が20mm 最大の厚みが24mm
板厚も前後は変えていますので、こだわりの設計が生きました♪

この部屋では名機マトリックス805を凌駕しましたね♪

勿論、もっと広いところでガチンコ勝負なら当然負けますが(爆)

部屋に合わせたスピーカーのチョイスがこれほど大切だとは
思いませんでした。いやいや素晴らしいです♪

しかし、少し不満が...
それは、音の薄さですね アタックが揃うことで音楽がいきいき
しているのですが、805に比べると濃度が薄い 
まあ、フルレンジだから仕方ない部分もあるとおもいますが、
ここまで来たらなんとかしたい♪

もう一歩踏み込みたいですね 欲張りですね(爆)

なんとかやってみたいと思います♪

[PR]

by jbls9500 | 2014-12-27 08:59 | オーディオ訪問記
2014年 12月 16日

東京オーディオツアー(11)S様編-2


S様の続きいきますね♪

グッツもないので、何をしていいのかチョットわかりませんでしたが、
以前私がお送りしたスタンドがあることを思い出しました。
今回は何故かクリプトンのスタンドをつかっていられます。

無理をいって、前作成したスタンドを出してもらいました♪
f0247196_14264237.jpg






























































































































これでどうでしょうか???

☆試聴
 うん、うん かなり良くなりました。中・高域もさらにスムーズに
なった上で、低音も改善されました
いい感じです♪

それでもしばらく聞いているとやはり低域が遅れます。
飽和している感じですね~

元々部屋の響きはナチュラルでいいので、やはり容量の問題だと
思います。こればかりはどうにもならないですね~
できる方法はありますが、あまりにも大掛かりすぎて、すぐには
対応できないです。少し不満ですね~

そういえば...
S様にはこれを作成していました。

f0247196_14265719.jpg






























これは以前私が作成したもので、ステレオ8月号のおまけユニット
これに本の記事に掲載していたバスレフエンクロージャを
内部無垢材で作成したものです。

私の自宅で聞いていた限り、非常にアタックが揃っており
いい感じで鳴っていました。

はい、部屋の片隅にありましたね♪

やはりB&W805なんて凄いスピーカーと比較されるのは非常に
おこがましいのですが、やはり聞いてみたくなりました。

これも無理をいってセットしてもらいました♪

さあ、どうなりますか♪

[PR]

by jbls9500 | 2014-12-16 14:27 | オーディオ訪問記
2014年 12月 16日

東京オーディオツアー(10)S様編-1

東京オーディオツアー2日目 この日は父に合う
イベントがあるので、1件の訪問になりました。
元々父に会うために東京に来たので...ははは...

さあ、いきましょう♪

システムはこれですね♪
f0247196_14214666.jpg






















ニューフォースのプリメインアンプとレクストのCDプレーヤー

f0247196_1422366.jpg















































































































































スピーカーはB&W マトリックス805

このスピーカーは色々なところで聴かせていただきましたが

このシリーズはB&W史上傑作の1つで、鳴らしこめば

素晴らしい音場が展開されると思われます。

さて、早速試聴させていただきましょう

☆試聴

滑らかでつながりのいい音ですね S様のルームは4.5畳ほどの

コンパクトなものですが、音場もよくかんがられますね。

いいです。しかし、中高域はいいのですが、若干低音が遅れます。

おかしいなぁ~ こんなはずはないのですが...

ジャズの録音のいいものを聴くと、遅れが目立ちます。

さてさて、どうしたものでしょうか

かなりいい音なので、低音の遅れが気になります♪

[PR]

by jbls9500 | 2014-12-16 14:22 | オーディオ訪問記
2014年 12月 16日

東京オーディオツアー(9)雪まるだ様編-4

さて、悪い癖がでてしまいました(爆)
私の作成した怪しいグッツの登場です♪

雪まるだ様のこの完成された音に手を加えるということは
大変失礼な事なのですが、すぐに戻せる対策ばかりを
選んでみました。

チョットお遊び的なグッツをもちいて、音の変化を楽しんでみたいと
思います。勿論雪まるだ様の了解を得てでのスタートです♪


f0247196_9415082.jpg











まずは、これです。さくどう親父様のところでも効果があったグッツです。

f0247196_942893.jpg





























機器の間にはさみこんでみたいと思います。図のように①~③の順で
やってみたいと思います。

①チャンネルデバイダーとトランスポートの間
 ここのために作成したのですが、効果はありました。
 非常にクリアになりますね 雑味が少なくなりました。
 目論見通りですね♪

②ここは①よりも効きました♪ 少しアンバランスな感じがしますが
 効果は絶大 像に血が通ってきたような感じがしますね♪

③はい、②よりさらに効果大 全体の像にかなりの血流が流れたよ うな生き生きした表現力 

これは凄いなぁ~ 自宅での効果と同じですね

次は...
f0247196_9422262.jpg





















これですね~

チャンデバの空端子に繋ぎました。
うん、うん変わりますね より滑らかな表現力になりますね。

いい感じです 雪まるだ様はそれほどの変化はかんじられなかったよう
ですが、私はこれは必要ではないかと思われました。
このあたりは好みの問題があるでしょうね 最初のグッツよりは
変化量はすくないですね~

次はこれ
f0247196_942372.jpg









これは怪しい 怪しいですね(爆)

私はルーム内のコンセントに差し込もうとしましたが、
雪まるだ様から...
“そこのコンセントはオーディオ用と別回路になっていますよ~”
はい、確かにオーディオ機器に絡むラインに施工するが一般的に
思われることなのですが、そうではないのですよ(笑)

その部分に差し込んでみますと変わります。
また、抜いてみるとやはり変わります。

そこで、これを使わないで同等の対策をしてみました。

これは雪まるだ様にリスニングポイントに座っていただき
対策前・対策後・対策前・対策後と何回かやってみました。

どうやら変わるようです~
これに関しては雪まるだ様も不思議に思われていました。

チョット悪いことかもしれませんでしたが、自作グッツの効果を
試させていただきました。

とても楽しかったですね~

最高の体験をさせていただきました。

一日目はかなり濃い訪問となりました。

楽しかったです♪♪♪

[PR]

by jbls9500 | 2014-12-16 09:42 | オーディオ訪問記
2014年 12月 16日

東京オーディオツアー(8)雪まるだ様編-3

さあ、試聴しましょう♪

☆試聴

雪まるだ様の多分よく聴くソフトを何曲もかけていただきました。

素晴らしい音ですね♪
オーディオ的な極みという感じです もっとわかりやすくいうと
こんなイメージですね♪
f0247196_9394410.jpg



























例えばボーカルや楽器などもこんなイメージで展開します。


スピーカーとスピーカーの間にこのようにシャボン玉の中に
楽器のイメージがはいり、それがピタっと動きません。

シャボン玉にはいったものは首を前後に動かしてもシャボン玉は
丸いので、動きません。

ピタっと決まっているからです。

位相管理がシッカリしているのしょうね 

ただ、不満点もいくつかあるのですが、これは私の思うところで
雪まるだ様の好きな方向と私の好きな方向との違いかもしれません。

少しだけ対策をしてみたいと思います♪

これも楽しみですね~

[PR]

by jbls9500 | 2014-12-16 09:39 | オーディオ訪問記