正法眼蔵アーカイブ2

jbls9500.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2015年 07月 31日

mosuke様から素敵なものが♪


ブログのお仲間mosuke様のブログの過去記事をみてみると
ヘッドアンプの自作記事がありました。

アナログ再生において、MCカートリッジを使用する際に
トランスかヘッドアンプで昇圧してレベルを上げていくのですが、
私は今までトランスを使っています。
しかし、どうにも音が気に入らない...

これでMCはあまり良くないという評価になってしまいます。
優秀なトランスもあるのですが、あまりにも高価

そんなことからMCカートリッジをあきらめていたのですが、
一度だけ素晴らしい音を体験しました。
f0247196_21402091.jpg
















鉛バッテリー電源方式 MCヘッドアンプ VT-MCTL

ここではこのように説明されています。

“MC型カートリッジは、一般に、演奏楽器の定位の良さ、
クリアーで分解能の優れた再生音などが特長で、
レコード盤の細かな信号までキャッチする性能を
持っている反面、出力電圧は、0.5mV 以下と小さく、
MM型カートリッジと比べると、20dB ~ 30dB も低い。
その出力レベルの低さを補うのが、MCヘッドアンプや
MCトランスである。たしかに、歴代、名機といわれた
MCトランスのすばらしさは、いうまでもないことだが、
総論して、どれも一長一短を備えている。
あるものは、女性ボーカルの艶っぽさがすばらしく良いが、
バックのバンド演奏が遠くで聴こえてしまったり、
あるものは、オーケストラの華やかさがとても
伝わってくるが、大砲の音はどことなく嘘っぽいとか。
これは、トランスの持っているコイル成分による帯域制限が
原因で、いくらトランスのコアボリュームを上げても、
音声帯域全てを網羅することは、難しい。
そこで登場するのが、MCヘッドアンプであるわけだが、
ここにも、技術面における一長一短がある。メリットとしては、
音声帯域全域において増幅することが可能で、
レコード盤に刻まれた音声を余すところなく吸い取ることができる。
しかし反面、デメリットもあり、一般に、電源や増幅回路による
ノイズ面で不利と言われており、各社デメリット面を
どう克服するかが、ポイントとされている。”

なるほど♪ 私が感じていることをそのまま書かれています。
このヘッドアンプで聞いたMCカートリッジの音はクリアで繊細な
音がしましたね 非常に好みの音でした。

しかし、これ 高いんですよね~ 
そんことを悶々と思っているとmosuke様のブログに製作された
記事が掲載されていましたのでついつい食いついてしまいました。

コメントして、今同様なものを製作している記事を紹介
いただきました。

しかし、どうもmosuke様が作成したものと回路が違う
っていうかどうみても紹介されたものは素子の数がちがう
mosuke様に聞いてみると、今の素子は多素子使わないと
実用レベルのノイズ低下にならないとの事。

なるほど♪

う~ん、どうしようかと考えていたらmosuke様から素子を
譲っていただける事になりました 嬉しいですね♪

f0247196_21414845.jpg


































FET K147

これはもう手に入らないものですね~

後こんなお手紙も♪

f0247196_21431161.jpg



























いやいや嬉しい♪

DL103を使いたいと思いますので、大体10倍位でいいとの事。
回路図を起こしてみました。


f0247196_21445236.jpg



































さて、これができますかね~

がんばってみたいと思います。

mosuke様 多謝 多謝ですm(_)m

[PR]

by jbls9500 | 2015-07-31 21:40 | オーディオ
2015年 07月 22日

ステレオ2013年1月号を読んで♪-2

ステレオ1月号の発見の続きです。

製品の紹介ですが、こんなものを発見♪

f0247196_914221.jpg































ディアパソン アステラ

最初にディアパソンで検索するピアノがでてきます。
どうやらピアノ工房らしいですね。

実はこのスピーカーが目に付いたのは
ユニットの周りが、そぎ落とされていることです。
点音源をめざしたのでしょうね 音場型のおとではないかと思います。
実は先日のオメガの会でも富士通のスピーカーを真似て
作成したスピーカーがすこぶる面白い音を奏でていました。

f0247196_9153354.jpg







































富士通テンのスピーカーはいいです。実は私もこの形に近いものを
作成したいなあ~とはおもっていますが、自分の理論のジェット化は
なんとか生かしたい かなり矛盾した中で色々と模索していた中での
この記事 素晴らしいです ひらめきました♪


f0247196_9165117.jpg





































































簡単な図ですが、こんな感じです。
ベイマを収める正面のバッフルは8角形そして、後面開放の最終の
開口部は四角となります。つまり側面の板は台形と三角形のパーツで
組み合わせることにより八角形から四角へとアプローチします。

こうすると、富士通テンほどではないにしても、音場が綺麗に出て
ジェット化の効果もそのままになるではないかと思われます。

ただ、こうなると作成がかなり大変
ホームセンターでは不可能ですね~
組み合わせるパーツもまっすぐ切るのではなく、角度を計算して
切らないと収まらないかも
なかなか大変なことになりそうですね。

しかし、最終形が出来てきたので嬉しいですね

細かくつめないといけません。
でも...その前に詰めることが沢山ありますね 困ったものだぁ~

[PR]

by jbls9500 | 2015-07-22 09:14 | オーディオ
2015年 07月 18日

ステレオ2013年1月号を読んで♪-1

最近はオーディオ関係の雑誌は殆ど購入しなくなりました。

あまり魅力がなくなってしまったのですね 残念なことです。

PCオーディオファンも一時購入していましたが、
機器の宣伝になってしまったので、魅力が一気になくなりました。

ただ、最近...

f0247196_1364719.jpg















































皆様ご存知のステレオ2013年1月号です。
もういまさらですが、これが目的でした♪


f0247196_1384465.jpg















































これは非常に面白かった♪
ヘッドフォンアンプはしかり オペアンプ交換 DDコンバーター化
電池ドライブと色々と遊べましたね♪

わかったことも沢山ありました。

さて、今回は本の方です。

内容は...う~んあまりいいものがないですね~

しかし、つらつら読んでいると...なかなか面白い記事が...

こんな内容でした
“壁コンセントから機器の電源ケーブルの接続に使う電源延長
経路は、重要な意味を持っている。質が高くない壁内配線Fケーブル
を流れてきた電流を、良質な導体経路を通すことで改善、強化する
効果が得られることだ。”

次に
“電源経路はシンプルがベストではない。たとえ壁コンセントに直接
接続することが可能であっても、性能の優れた導体、コンセント経路を
通過させるほうが音質は有利だ。”

なるほど♪
言われることは良くわかります でも真実かというとそれは違うような
気がしてなりません。

脆弱なFケーブルからの電源供給を途中だけ良質な回路にすれば
すべてが解決する??? 
私からするとたくさんの問題をはらんでいるような気がしてなりません。

私の場合は電源ケーブルという存在は極力なくした方がいいんじゃ
ないかと思っているです。

現在の環境は...
屋内に行く電源を途中で分岐して、送り開閉器をもうけ、
フジクラCVT22スクエアでオーディオルームに直接引き込む
そこからCV8スクエアで分岐 タップへの配給はCV2スクエア4芯スタガー
接続で配給 こんな感じです。

つまり、流れの多さはあるにしてもすべてフジクラの産業ケーブルに
しています。ここで電源ケーブルという存在はなくすようにしています。

これを思ったのはこのアンプが導入された当時のことです。

f0247196_1311372.jpg





















キット屋SV-17K

これの電源ケーブルが...何か安物の家電についているような
普通のケーブルでした。長さも長いし...
まあ、直出しがいいというくらいでした。

しかし、このアンプの音はビックリ! 素晴らしい再現力です。

先日知人にお送りしたサンスイAU-777Dも電源ケーブルは
しょぼいものでした。でもその方のオーディオ人生を変えるほどの
衝撃を与えたものになってしまいました。

電源ケーブルって何??? と思ってしまいました。

私は以前電源ケーブルに凝っていた時期がありましたが、
今は何もしていません。

ここでもオッカム様の登場かもしれませんね~

考えさせられる記事でしたね♪ 

[PR]

by jbls9500 | 2015-07-18 13:07 | オーディオ
2015年 07月 18日

ぺるけ式USB-Dacを構築-2


さて、少しだけ配線を整理しましょう
といってもやはり下手くそです。

f0247196_955687.jpg

























一応ラグ板を使ってやりましたが、どうかなぁ~ 間違ってないかなぁ~
少し不安ですね~ ああ、大丈夫でした。
さて、試聴しましょう♪

☆試聴

まずはバスパワーで試聴
うん、メインシステムより格段に情報は落ちます。
まあ、かなり追い込んだDACをパスするのですから仕方ないですね~
ただ、ボーカルは非常にクリアで美味しく再現されますね

何か可能性を感じましたので電池ドライブに変更

おお、激変しました♪
ボーカルはリアリティに浮かび上がり、定位がピシッと決まります。
情報量は比較するとまだ少ないですが、、この出方はいいですね。
メインに使うのではなく、サブシステムで有効に働くのでは
ないでしょうか♪

良質なフルレンジを用意して、質のいいアンプと組み合わせたら
かなり良くなりそうですね 使いどころを考えれば
凄いシステムになりそうですね♪

とりあえず今はお蔵入りですが、将来的にいいものに
組み込んでみたいと思います。

これは良かったですよ♪♪♪

[PR]

by jbls9500 | 2015-07-18 09:06 | オーディオ
2015年 07月 18日

ぺるけ式USB-Dacを構築-1

団塊-28号様の記事に触発されて、ぺるけ式ぺるけ式USB-Dacを
つくってみることにしました。

回路は...
f0247196_932785.jpg




















こんな感じですね。

DACから出た信号をトランスであげるという感じですね

単にあげるだけではなく、音の構築も期待できます♪

でも、新規に構築して機器をつくることはまったくの苦手

まずは、回路図通りに配線してみることに

f0247196_935350.jpg

























ああ、ひどい 自分でやってなんですがひどい...

まあ、最初はこんなものと思ってくださいね。

これで音だししてみたいと思います。

どうでしょうかね~

[PR]

by jbls9500 | 2015-07-18 09:04 | オーディオ
2015年 07月 18日

発電システム発展♪

先日実験しました電球による発電システムですが、
前回はこうしていました。

http://jbls9500.exblog.jp/24112553/

これがイマイチだったのは、このソーラーパネルが
3-12ボルトに出力が変更できること。
つまり、回路が入っていることですね。どこが基本になっているか
不明ですが、昇圧回路がはいっていることは間違いなさそうです。

さて、これ以外にも色々とかんがえていましたが、
本命はこれにしたいと思います。
f0247196_721288.jpg








































































docomo携帯電話のソーラー充電機


これでつくってみました。

こんな感じですね~
f0247196_903789.jpg































さて、試聴しましょう♪

☆試聴
これは素晴らしい♪ 素晴らしいですよ♪♪♪
ここまで変化しますか♪

力強く繊細な音 像に関してもリアリティは電池の比較になりません。
また、ボーカルが暖かい 人肌を感じる音です。

ちなみにいいと思ったエネループ電池を充電してすぐに使いました。
ああ、一旦これを聴くと戻れません あれほど良かった
電池の音がスカスカに聞こえてしまいます。

う~ん 素晴らしい♪

ただ、しばらく聴いていると極端に音が悪くなりました。
しまいには動作ができなくなりました。
どうやらパネルの温度が上がってしまい、変換の効率が
極端に落ちてしまったようです。
ああ、落ちたときの音は情けない...

最高の時間は非常に少なかったですね 30分位かなぁ~

今後の課題は、パネルの熱が上がらないようにして、
光が漏れないような工夫が必要です。

しかし、凄いですね この音は...

またまた研究課題が増えましたね♪

[PR]

by jbls9500 | 2015-07-18 07:22 | オーディオ
2015年 07月 17日

TQWTを聴いて-3


自分が何を書きたいのか 少しそれそうになりましたので、
記事を更にアップしていきますね♪
最近思ったことですが、それは“レンジ”です
レンジの拡大は私にとってはそれほど意味が無いのですが、
これから進めていく全体の構築には一つセットが必要です。
ベイマもレンジはなかなか広いですが、ネットワークの構築も
しなくてはいけませんので、これを基準にするわけには
いきません。
さて、そこで候補にあがるのがバックロードホーンや
TQWTなのですが、果たしてそれに向いているかどうかがテーマです。
さて、もう少しTQWTについて考えてみたいと思うのですが、
性格はとてもいいです ここで色々な自作のスピーカーを聞いて
思ったことですが...
箱とユニットの力関係のバランス
これによって大幅に音が変わります。
つまり、箱をチャント動作させるためには、徹底的にユニットを
チューン もしくは強力なものにして、箱に負けないだけの
ものをつくっていかなくてはいけません。
箱も強度を上げれば上げるほど良くなり、それに伴って
ユニットも強度をあげていく必要があります。
さくどう親父様がやった対策は

①ユニット自体をマグネットの強いユニットをつかう
②キャンセルマグネットを使いマグネットの強さを高める
③3ウエイ化して該当する部分の負担を減らす

などです。その音は見事としかいいようがありません。
さて、その音ですが...自分が採用するとしたら

ボーカル専用システム

です。私が思うにはバックロード・TQWTはある程度モニター的な
音の傾向があるのですが、やはり得意分野はボーカルだと思います。
部屋の環境さえ整えばオペラの再生は最高 ボーカルもある程度の
分野はオッケーです。最高のパフォーマンスを示してくれます。

ボーカルはある程度帯域が必要ということが再生してわかります。
このソフトなんかは最高ですね♪
f0247196_8411740.jpg



























































ただ、ジャズなどを聴くと...別にどうこうはないのですが

少し違う...


クラッシックはいいですね 
苦手な分野は少ないのですが、メインに採用するには...スピードが...
自分が求めているものは“少しだけ”違うんですよね~
さて、求めているワイドレンジ&フラットなものを何に求めるのか
もう少し探っていきます。

[PR]

by jbls9500 | 2015-07-17 08:41 | オーディオ
2015年 07月 17日

TQWTを聴いて-2


それでは少しTQWTに近いバックロードホーンについて
書かせていただきたいと思います。
こちらは案外サイトに掲載されているものが多いですね。
f0247196_83750100.jpg


















大体の場合フルレンジユニットを中心に低音部は後ろからでる
音を増強して補強 高域は最低限のネットワークで補強と
ある意味理想的な構造ですね。

ようは低域は同じ音源からでる音で補強
中域はユニットがカバー 高域も最低限の劣化で済む
音楽再生に必要不可欠なレンジはほぼカバーするということ

なるほど♪ 愛好家が多いわけです。

メーカーでは量産が難しいため、自作派もしくはガレージメーカーが
製品化しているケースが多いです。

ユニットはよくバックロード向きなんてものが発売されていますが、
軽量のコーン紙に強力なマグネット 普通の箱では低域が出ないが
バックロードに入れると低域が出る なんて書かれています。

これを考えると...

バックロードのロードに負けないくらいの力がユニットに必要ということ

なるほど♪

さくどう親父様もユニットにキャンセルマグネットをつけて
磁気の力を強化しているみたいですね~

キャンセルマグネットの効果に関してサイトで調べてみると
磁気漏洩の防止+マスの増大のようにかかれていますが、
さくどう親父様曰く、磁気が漏れなくなることにより、磁力自体が
アップする効果があるのではないかと...

音はそんな感じがしますね。

調べて書きながらなんとなくわかってきましたね~
さてさて、今後の展開は...わかりませんね どこに向っているのだろう~

[PR]

by jbls9500 | 2015-07-17 08:38 | オーディオ
2015年 07月 17日

TQWTを聴いて-1


オメガの会 さくどう親父様のリスニングルーム訪問と
TQWT方式のスピーカーの音を聴く機会に恵まれました。

さて、このスピーカーは...

TQWTとは?
 TQWTは、Tapered Quarter Wave Tubeの頭文字を並べた物で、
日本語に意訳すると 「テーパー付1/4波長管」となります。
別な言い方でTubeをPipeに置き換えてTQWPというの
がありますが、全く同じ物です。

片方が閉じ片方が開いたパイプの開口部分を手のひらでたたくと
ポンポンポンと音がしますが、これはその周波数でパイプ内の
空気が振動して出ている音です。
このパイプの長さが長くなると出てくる音は低くなって
ボンボンというような感じに変わりますが、内部の空気が
ある周波数で振動していることには変わりません。
パイプの長さが変わると音の高さが変わるわけです。

この原理を応用して音の高さを変えらるようにした楽器が沢山あり、
総ての管楽器はこれに属するといってよいでしょう。
低い音を出せる楽器は、パイプを折り曲げることにより
実効的な長さを大きくしています。


とサイトに書かれていました。
実は昔作成したことがあり、8cmのフルレンジを使って
コンパクトなスピーカーを作りました。
結果は...低音は素晴らしく出てきました ただ、ボーボーという音しか
聞こえず、聴いていてイヤになりましたね~。
しばらくルームに放置していましたが、分解してしまいましたね~

さて、そんな印象でしたがこのスピーカーの本質はどうなのでしょうか

オメガの会のコンテストのTQWTの作品
f0247196_829229.jpgf0247196_8293845.jpg




















































































































































さくどう親父様のTQWTスピーカー
f0247196_832399.jpg
















































実は印象が随分ちがいます。

オメガの会の作品の音の傾向も共通はしていませんし、
さくどう親父様の音も何か違いますね~。

少しさぐっていく必要がありそうですね~

[PR]

by jbls9500 | 2015-07-17 08:29 | オーディオ
2015年 07月 06日

オメガの会自作スピーカーコンテスト-6

少し時間があいてしまいましが、昨年末に開催されたオメガの会
自作コンテストの続きです。

f0247196_17552894.jpgf0247196_17553773.jpgf0247196_17554547.jpgf0247196_17555421.jpg









































































































































































































































ばんのき様作成のTQWT_T.T.T

非常につくりがいいですね 音も素晴らしいですね。
コンデンサを入れて音を調整しています。
丸いバッフルもかわいいですね ただ、音的にはバッフル無しの
方がいいかもしれません。

音場が更に展開するでしょうね いい感じです。

次にいきましょう♪

f0247196_1815487.jpgf0247196_1821040.jpgf0247196_1822669.jpgf0247196_1823885.jpgf0247196_1825063.jpg





























































































































































































































































これは面白い作品です。TQWTを縦に切ってダブルにした

この形で作品を作られた方は始めてということです。

音もなかなか良かったですね♪


この作品がグランプリを受賞しました。

ステレオの全国大会でも準グランプリと凄い作品ですね♪


さて、何故アップが遅れたか...

最後にTQWTが続いたことなんですよね


この事についてしばらく考えてしまいました。

一寸まとまりつつあるので、アップしてみたいと思います♪
[PR]

by jbls9500 | 2015-07-06 17:56 | オーディオコンテスト