正法眼蔵アーカイブ2

jbls9500.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 20日

オメガの会自作スピーカーコンテスト-4

更に続きます♪
f0247196_1038155.jpg
K野さん ダブルバスレフスピーカー
f0247196_10381994.jpg
K野さん ダブルバスレフスピーカー

これまた仕上げが素晴らしいですね。
フルレンジですが、ネットワークが入っていて帯域を調整しているようです。
爆裂的な凄い音がしました♪
10cmユニットとは思えませんでしたね♪


f0247196_10383757.jpg

Mさん“原点回帰 なんちゃって”
f0247196_10391252.jpg
Mさん“原点回帰 なんちゃって”

私的には好感が持てる外観 表面はSPF材 側面はMDF
エンクロージャをかなり強化した構造 なかなか素直な音でした♪


f0247196_10393582.jpg
Oさん “シャイツ”

f0247196_10395497.jpg
Oさん “シャイツ”

小型のシンプルなスピーカー シンプルな構造でとても素直な音
いいですね このバランス♪ つくり方を教えてもらいたいですね♪

f0247196_10401139.jpg
豊田高専 “くるくる ”
f0247196_10402496.jpg
豊田高専 “くるくる ”

スパイラルホーンですね まさにぐるぐると音道が回っています。
このデザインはなかなか 壁に吊したくなりますね♪

コンテスト出品作品は以上でした♪
同じユニットながらここまで違う音がでるかというある意味衝撃でしたね。
事前にコンテストに出品する方にお話を聞きましたが、このユニットの料理は
かなり難しかったようです。
しかし、自作スピーカーは楽しいですね♪
私の場合、仕方なく自分でつくっていますが、つくることを楽しみにされている
方の楽しさを垣間見たように思えます。

皆様 大変お疲れ様でした♪

[PR]

# by jbls9500 | 2013-02-20 10:40 | オーディオコンテスト
2013年 02月 20日

オメガの会自作スピーカーコンテスト-3

さあ、どんどん続きます。

f0247196_9455099.jpg

M本さんの竹スピーカー

f0247196_94614100.jpg

M本さんの竹スピーカー

孟宗竹をつかった芸術的な作品 上部のディフェーザーは
漆で仕上げています。 構造的には竹の途中の節を貫通させ
共鳴管のような構造 でも変な癖はないですね。

f0247196_94732.jpg

M沢さん 共鳴型スピーカボックス

f0247196_9472164.jpg

M沢さん 共鳴型スピーカボックス
縦四方を強固な板で作成し、側面は1㎜厚のシナ合板で仕上げるという意欲的なもの
横の板を意図的に鳴らし低音を稼ごうという手法とお見受けしました♪
なかなかですね♪



f0247196_9481175.jpg

休憩中にM本さんの竹スピーカーのもう1つのバージョンをご披露
あるところに出品する目的で創られ、高さの制限があったので、孟宗竹の1mものを
バッサリ切ってしまわれたとの事 勿体無いですね♪


休憩明け...


f0247196_949428.jpg

F本さんの “f ”タイプ1

f0247196_9495197.jpg

F本さんの “f ”タイプ1

電気的にイコライジングして、60Hzまで出るようにした意欲作♪
会場が広すぎ、一部の曲でビビッてしまったが、曲によっては凄い音がしました。
ニアフィールドにはいいと思います♪

まだまだ続きますよー♪

[PR]

# by jbls9500 | 2013-02-20 09:50 | オーディオコンテスト
2013年 02月 19日

オメガの会自作スピーカーコンテスト-2

さあ、コンテストスタートです。

くじ引きで順番を決定。まずは...

f0247196_93739.jpg

Iさんの「 2連空気室 」 方式採用のスピーカー“RF275 アスナロ”

f0247196_93315.jpg

“RF275 アスナロ”

さすが常連のIさん、仕上げは抜群です♪

次にいきます♪

f0247196_935369.jpg

Mさん(参考出品)のバンビーノ
f0247196_954880.jpg

バンビーノ

コンテストの番外編ですが、力作の作品です。
シカとゆうユニットを使っているのでバンビーノだそうです。
詳しくはMさんのブログをみてください♪
Mさんのブログはこちらです→ゲテもん工作実験室


次にいきますよ♪
f0247196_98332.jpg

Sさんの作品 “迷搾”
f0247196_98288.jpg


“迷搾”

バックロードホーンのロードの途中を搾り...開口部を搾り 低音を
確保しようというアプローチ
バックロードと搾るということから“名窄”ということです。


まだまだ続きますよ♪♪♪

[PR]

# by jbls9500 | 2013-02-19 09:05 | オーディオコンテスト
2013年 02月 18日

オメガの会自作スピーカーコンテスト-1

広島の自作スピーカーをこよなく愛すオーディオの会オメガの会

毎年年末に自作スピーカーのコンテストが開催されます。

今日はそのコンテスト♪


コンテストの趣旨として テーマを決めてそれに沿って各自自由に
スピーカーを作成するとの事です。
今回のテーマは“スピーカユニットは
フォスティクスFE103E(En)を使うこと”それだけです。

スピーカーユニットと機器は同じで箱だけ違う 
なかなか面白いと思いませんか???

今回は小口径ユニットでしたので、参加者も多かったようです♪

まずはリファレンスのスピーカーと機器


f0247196_1848416.jpg

リファレンススピーカー
f0247196_18491414.jpg

アンプとCDプレーヤー
f0247196_18493711.jpg

全体の感じです
f0247196_1850230.jpg

課題曲などです

リファレンスシステムでリファレンスの曲を聴きこみました♪
フルレンジらしい伸びのある生き生きとした表現 癖も少ないユニットですね。

これはなかなかいいと思います、予想外です。

さあ、箱の違いでどこまで変身するか楽しみです♪

[PR]

# by jbls9500 | 2013-02-18 18:50 | オーディオコンテスト
2013年 02月 17日

グッドマン+ECL82試聴-2


とりあえず前回つないだものの、あまりにも聴く気になれない音でしたので

グッドマン+ECL82試聴-1

ここは“サウンドカードのアナログ出力がすべての原因”と考え、

対策を打つことにしました。

といってもサウンドカードを良くするというよりは、今までのようにデジタル出力の
トランスポートとして使い、これをPC→アンプの間に入れることにします。


f0247196_2057194.jpg
f0247196_2056537.jpg


ソフトン Model2 真空管D/aコンバーター

以前の実験の結論で、D/Aコンバーターは必要ない!!!という持論に達したのですが、
なぜか残してあったものです。
これは大成功♪ 激変♪♪ 凄い音です♪♪♪

グッドマンの特質が生きる、生きる♪ 音が前に出る 音の色彩は豊かになり
今まで聞えづらかった奥行き表現のジャズらしさを邪魔せず出てきます。
同じ真空管ということもあり、マッチングは最初からバッチリです♪

しばらくソフトをかけまくりました ジャズは本当にいいですね 

参りましたよm(_)m  Model2様様ですね♪

[PR]

# by jbls9500 | 2013-02-17 20:57 | オーディオ