2016年 06月 11日

歪と音楽の関係に関して-1

ブログのお仲間から歪と音楽の関係に対する問題提議がありましたので
少し書きながら考えてみたいと思います。

平面スピーカーはコーン内部に発生する歪がない構造のため
歪が少ないスピーカーだと認識していますが、
それがつまらない さらさらしているという感じがするという
ご意見も聞かれます。

確かにその通りですね。

単純な比較はできませんが、このことから考えるとある程度の
歪は音楽を聞く感覚として必要なのではないかと思います。

私の考えでは、平面スピーカーを追い込んでいけばいくほど
再生できない音楽ジャンルがあることがだんだんわかってきます。

1番難しいと思われるのものは...



JAZZですね♪


ここは難しいところがあり、私の場合ジャズは再生装置から
その面白さを学んだところがあります。

生を聴いてもピンとこないジャズもある特定の再生装置から流れる
音はもう再生を通り越して、神々しく降り注いでいました。

f0247196_1095067.jpg




































幻のジャズ喫茶から流れてくる音楽はもう理屈なく素晴らしかった。

ここを越えるジャズはもうないですね♪ それくらいでしたよ。

そこの再生音は兎に角歪だらけといってもいい音でしたが
芸術的な音でしたね♪

f0247196_10111029.jpg

















































絵画が美しいと思える感覚と似ているのではないでしょうか?
もう少し探っていきますね♪

[PR]

# by jbls9500 | 2016-06-11 10:10 | オーディオ
2016年 06月 11日

捨てるのは勿体無いので...-2


途中の工程をアップしても何か...なんでいきなり完成品といきましょう。

工程としては、昨日の状態に丸くあいていた部分をふさぎ

一旦フラットにします。

次に側面にはOSBボード 中心部に花梨材をはります。

少しデザインしてみました。

こんな感じですね~。

f0247196_832024.jpg




















































































四角くく穴をあけたのは...

はぁ~い 皆様の予想通り平面ユニットがはいります。

これで完成ですね  後は引き取っていただける方がどんな感想を
いっていただけるか楽しみですね~

随分時間がかかってしまいましたが、次のところで活躍してくれる
ことを祈ります♪

[PR]

# by jbls9500 | 2016-06-11 08:03 | オーディオ
2016年 06月 11日

捨てるのは勿体無いので...-1


以前作成したスピーカーですが...
実はこれは本当に失敗で、全く駄目でした。
勿論よくする方法はあるのですが、どうにも気力が伴わない。
ということで、ユニットは売却 箱は解体の予定でしたが、
どうにも勿体無い...
非常に手がかかっています。

f0247196_756337.jpg



































































しかし、みた目がよくない 実験機器とはいえこれでは駄目だ~
綺麗にすればもらってくれる方もいらっしゃると思いますので、
少しお化粧してみましょう

しかし、お金はあまりをかけたくない...

そこで...

f0247196_7575721.jpg































































この棚ですが、捨てることになりました。
しかし、この木材はもう手に入らないもの 何とか活かしたい♪
そこでこのスピーカーに採用したいと思います。

分解して使える板を取り出します。
スピーカーボックスの外観に貼り付けて表面を
ダブルアクションで削りだします。

こんな感じになりますね~

f0247196_7593720.jpg























こんな感じですね~

f0247196_802481.jpg














































削りだすとまあまあ綺麗になりますね~

さてさてもう少しすすめていきましょう♪

[PR]

# by jbls9500 | 2016-06-11 07:56 | オーディオ
2016年 05月 23日

ジェット化の効用♪♪♪


私が提起したジェット化という技術について少し発見が
あったので、アップしてみます。


簡単にいいますと...

f0247196_6152742.jpg

































このように乱雑になっていくものを

f0247196_617120.jpg































スピードをあげて飛ばすということを目標にしていました。

それならこの記事の技術の上か?

f0247196_618045.jpg


























江川先生が昔実験したものです。
これは、後面を徹底的に開放しようということです
フレームを全部カットしてしまい、マグネットを支えるものを
新規に作成したモデルです。

しかしこれはどうか? 開放率があがったのはいいが乱雑さは
変わらないのではないのか?

私の場合フレームにこのようなものをつけていきます。

グッドマンツィンアキシオム10での施工例です。

f0247196_619676.jpg



















































































フレームの形状に合わせて山形のアイテムをつけます。
こうすることにより、背面の空気が整い早くなります。

ここで私は遠くに飛ばすことを目標にしていたのですが、それ以外に
効果があることが仮説ですがでてきました。



空気を整える♪


この効果の方がおおきいのではないかと...
つまり背面が乱雑になればフロントから出る音も乱雑になる
スピーカーの音は箱でも変わることからわかるように...


“表裏一体”


ではないかと思われます。

ですので、これを実現するためにはフレームは必要で、
フレームにジェット構造のフィンを装着できることが
ユニットの性能を極限にあげることに寄与できるのではないかと
考えるようになりました。

実はこれは次の平面ユニットの考えにつながる記事になります♪

[PR]

# by jbls9500 | 2016-05-23 06:16 | オーディオ
2016年 05月 23日

まだまだ認知度が低いオーディオ


テレビをなんとなくつけていたらリフォームの番組があったので
録画してみた。完成後に少しオーディオの画像が出ていたので
興味のアンテナがピッと立った♪

f0247196_693568.jpg





































コメンテーター:これスピーカーなの?

コメンテーター:なるの?
主:なりますよ!

なんて会話がありました。

このスピーカーはこれかなぁ~

f0247196_610298.jpg















私は実物を見たことがないし、聴いたこともありません。
お洒落な感じですね♪

f0247196_612435.jpg




































アンプはキット屋 SV-17Kですね センスがいい♪

でもやはりこのようなコアな世界はまだまだ世間から遠いような気が
します。今の世の中オーディオの勢いが極端に落ちているから尚更か...

マニアの方々ががんばるしかなさそうですね♪

[PR]

# by jbls9500 | 2016-05-23 06:09 | オーディオ