正法眼蔵アーカイブ2

jbls9500.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 06日

カートリッジ試聴♪


お借りしているカートリッジ 試聴してみました♪
まずはこれですね♪
DV/Karat 23R
f0247196_8273359.jpg

■価格 \31,000
■発電方式 MC型
■出力電圧 0.2mV(5cm/sec 1kHz)
■針圧 1.2~1.8g(最適 1.5g)
■再生周波数帯域 20-50,000Hz
■チャンネルセパレーション 20dB/1kHz
■チャンネルバランス 1dB
■コンプライアンス 15×10-6cm/dyne
■直流抵抗 
■負荷抵抗 40Ω
■内部インピーダンス R・35Ω L・100μH
■針先 特殊楕円
■自重 5.3g
■交換針 現品交換
■発売  1981年11月
■販売終了 1988年頃
■備考 価格は1981年のもの
2.3㎜長ルビー角柱カンチレバー採用。

f0247196_8275415.jpg


非常に線が細いですが、細かい情報がドンドン出てきますね。
しばらく聴いていると、線の細さも気にならなくなりいい感じです。
シェルがいいのかもしれませんね これは好みですね~

次はこれですね♪

HMC10
f0247196_8281784.jpg

■価格 \19,800
■発電方式 MC型
■出力電圧 0.5mV(5㎝/sec 1kHz)
■針圧 1.8~2.2g(最適 2.0g)
■再生周波数帯域 20-25,000Hz
■チャンネルセパレーション
■チャンネルバランス
■コンプライアンス  
■負荷抵抗
■直流抵抗 
■内部インピーダンス 6Ω
■針先 楕円
■自重 10g
■交換針 交換不可(ユニット交換 \12,000)
■発売  1988年11月
■販売終了 1995~98年頃
■備考 価格は1988年頃のもの

f0247196_8283819.jpg

これはダイナベクターとはまったく正反対
図太い音で、密度がとても濃いです。
ダイナベクターが0.1㎜の製図用のペンで描く文字なのですが
オルトフォンは、毛筆の筆で書く文字ですね。

このカートリッジの音を生かすシステムで構成すれば
ジャズの太く熱い表現が出来そうですね。

これも素晴らしいです♪

うう、こんな個性的なカートリッジがあったのですね 
まだまだアナログは知らないことが多いです。

まだ、3個ありますね 楽しみです♪♪♪

[PR]

by jbls9500 | 2014-04-06 08:29 | アナログ


<< これを購入しました♪      今年はこれを作成したい♪ >>