正法眼蔵アーカイブ2

jbls9500.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 20日

Mullardの誘惑♪

前の記事 いけない...  で購入した
Mullard製6BM8 真空管ですが、この度届きました。


f0247196_10555360.jpg
Mullard製6BM8



燐としたたたずまいがいいですね♪

我慢できず差し替えてしました。

ああ、これはいけません♪

音に香りがのってくるのです♪ しかし、色があるわけではないのですが、
その香りが絶妙です♪
そして、ジャズの太い表現とその香りがほのかにのって私の心を捉えて離しません…

ああ、予備で購入したのにもうそのままになってしまいました。

恐るべきMullard 恐るべき6BM8♪♪♪

[PR]

# by jbls9500 | 2013-02-20 10:56 | オーディオ
2013年 02月 20日

オメガの会コンテスト変わり者の感想♪

オメガの会のコンテストの感想です♪

私は皆様の審査はしなかったのですが、それはどうかなぁ~と思い
ここで評価をしたいと思います。

皆様の作品はそれぞれの考え、思いが詰まっていますので、なかなか評価というもは
難しいので、“好み”と“音の好きな傾向”で判断したいと思います。


私のベストはこれです♪♪♪


f0247196_1051496.jpg


リファレンススピーカー

これコンテスト外じゃないですか♪ と突っ込みを
入れられそうですね、ははは...

リファレンスが特別に良かったわけではないです。
本当になんでもない音でした。でも...
FE103E(En)というユニットをはじめて聴いたのですが、これは...

外面が良くて、頑固者!!!

だと思います。
ある程度よく鳴ってくれるのですが、グッと押さえ込もうとすると
かなり反発するみたいです。
ですからこのユニットはあまり手を加えないほうがいいのでは
ないかと思いました。あまり突っ込むと


ほっといてくれ!!! すきにするわぁ!!!

といっているような気がしますね♪

コンテスト作品はどれも素晴らしく、欲しいわぁ♪と思ったものも
いくつかありました。

来年のテーマは何でしょうね♪
来年は参加したいです!!!

[PR]

# by jbls9500 | 2013-02-20 10:53 | オーディオコンテスト
2013年 02月 20日

オメガの会自作スピーカーコンテスト-4

更に続きます♪
f0247196_1038155.jpg
K野さん ダブルバスレフスピーカー
f0247196_10381994.jpg
K野さん ダブルバスレフスピーカー

これまた仕上げが素晴らしいですね。
フルレンジですが、ネットワークが入っていて帯域を調整しているようです。
爆裂的な凄い音がしました♪
10cmユニットとは思えませんでしたね♪


f0247196_10383757.jpg

Mさん“原点回帰 なんちゃって”
f0247196_10391252.jpg
Mさん“原点回帰 なんちゃって”

私的には好感が持てる外観 表面はSPF材 側面はMDF
エンクロージャをかなり強化した構造 なかなか素直な音でした♪


f0247196_10393582.jpg
Oさん “シャイツ”

f0247196_10395497.jpg
Oさん “シャイツ”

小型のシンプルなスピーカー シンプルな構造でとても素直な音
いいですね このバランス♪ つくり方を教えてもらいたいですね♪

f0247196_10401139.jpg
豊田高専 “くるくる ”
f0247196_10402496.jpg
豊田高専 “くるくる ”

スパイラルホーンですね まさにぐるぐると音道が回っています。
このデザインはなかなか 壁に吊したくなりますね♪

コンテスト出品作品は以上でした♪
同じユニットながらここまで違う音がでるかというある意味衝撃でしたね。
事前にコンテストに出品する方にお話を聞きましたが、このユニットの料理は
かなり難しかったようです。
しかし、自作スピーカーは楽しいですね♪
私の場合、仕方なく自分でつくっていますが、つくることを楽しみにされている
方の楽しさを垣間見たように思えます。

皆様 大変お疲れ様でした♪

[PR]

# by jbls9500 | 2013-02-20 10:40 | オーディオコンテスト
2013年 02月 20日

オメガの会自作スピーカーコンテスト-3

さあ、どんどん続きます。

f0247196_9455099.jpg

M本さんの竹スピーカー

f0247196_94614100.jpg

M本さんの竹スピーカー

孟宗竹をつかった芸術的な作品 上部のディフェーザーは
漆で仕上げています。 構造的には竹の途中の節を貫通させ
共鳴管のような構造 でも変な癖はないですね。

f0247196_94732.jpg

M沢さん 共鳴型スピーカボックス

f0247196_9472164.jpg

M沢さん 共鳴型スピーカボックス
縦四方を強固な板で作成し、側面は1㎜厚のシナ合板で仕上げるという意欲的なもの
横の板を意図的に鳴らし低音を稼ごうという手法とお見受けしました♪
なかなかですね♪



f0247196_9481175.jpg

休憩中にM本さんの竹スピーカーのもう1つのバージョンをご披露
あるところに出品する目的で創られ、高さの制限があったので、孟宗竹の1mものを
バッサリ切ってしまわれたとの事 勿体無いですね♪


休憩明け...


f0247196_949428.jpg

F本さんの “f ”タイプ1

f0247196_9495197.jpg

F本さんの “f ”タイプ1

電気的にイコライジングして、60Hzまで出るようにした意欲作♪
会場が広すぎ、一部の曲でビビッてしまったが、曲によっては凄い音がしました。
ニアフィールドにはいいと思います♪

まだまだ続きますよー♪

[PR]

# by jbls9500 | 2013-02-20 09:50 | オーディオコンテスト
2013年 02月 19日

オメガの会自作スピーカーコンテスト-2

さあ、コンテストスタートです。

くじ引きで順番を決定。まずは...

f0247196_93739.jpg

Iさんの「 2連空気室 」 方式採用のスピーカー“RF275 アスナロ”

f0247196_93315.jpg

“RF275 アスナロ”

さすが常連のIさん、仕上げは抜群です♪

次にいきます♪

f0247196_935369.jpg

Mさん(参考出品)のバンビーノ
f0247196_954880.jpg

バンビーノ

コンテストの番外編ですが、力作の作品です。
シカとゆうユニットを使っているのでバンビーノだそうです。
詳しくはMさんのブログをみてください♪
Mさんのブログはこちらです→ゲテもん工作実験室


次にいきますよ♪
f0247196_98332.jpg

Sさんの作品 “迷搾”
f0247196_98288.jpg


“迷搾”

バックロードホーンのロードの途中を搾り...開口部を搾り 低音を
確保しようというアプローチ
バックロードと搾るということから“名窄”ということです。


まだまだ続きますよ♪♪♪

[PR]

# by jbls9500 | 2013-02-19 09:05 | オーディオコンテスト